ニュース

国内男子TOSHIN GOLF TOURNAMENT IN LakeWoodの最新ゴルフニュースをお届け

宮里聖志が“兄弟対決”を制して単独首位

2011/09/08 19:35


国内男子ツアーの第14戦「TOSHIN GOLF TOURNAMENT IN LakeWood」が8日(木)、三重県のTOSHIN Lake Wood Golf Clubで開幕。初日、1イーグル、7バーディの「63」を叩き出して9アンダー単独首位に立ったのは、ツアー通算2勝目を狙う宮里聖志だった。

2006年「マンシングウェアオープンKSBカップ」の第3ラウンド以来、実に5年ぶりに単独首位の座についた宮里は「久々ですね。気持ちよかった」と満足そうに息をついた。前半11番で3メートルを沈めてバーディとすると、その後もパッティングが絶好調。「そこそこ(チャンス)についたのが、結構入ってくれた」と4メートル前後のパットが面白いように決まる。16番からは3連続。後半4番(パー5)では左ラフから残り188ヤードの第2打を7番アイアンでフックをかけて2オンに成功。7メートルの下りのフックラインが残ったが、これを読み切ってイーグルとした。

<< 下に続く >>

今大会は弟の優作と予選ラウンドで同組に。しかし「あいつにあんまり勝ったことない。いいゴルフをするから見ちゃう。『いい球打つなぁ』って」と過去8度の“同組対決”では2勝6敗と分が悪かった。ところが「今日は、自分は自分という感じで割り切ってやった」と集中。「最近はうまくいかずにイライラしながらやっていたが、結果をあまり考えずにやった。打ったショットを嘆かず、やってしまったものはしかたない」と、ポジティブな姿勢を貫いた。

優作も4アンダーの9位タイとまずまずのスタートを切ったが「聖志と対照的なゴルフで、僕はチャンスをボロボロ外してしまった」と苦笑い。コースレコードタイをマークした兄に、ひとまずは脱帽するしかなかった。

2004年「アジア・ジャパン沖縄オープン」以来の優勝へ絶好のスタート。そして2日目も「やっぱり回りやすかった。リズムが合う」という弟とのラウンドとなる。宮里家の長男は、好条件を存分に活用してトーナメントを引っ張っていく。(三重県津市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 TOSHIN GOLF TOURNAMENT IN LakeWood




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!