ニュース

国内男子ブリヂストンオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

【GDO EYE】片山が長尺パターを選んだ意外なワケ

「ブリヂストンオープン」3日目に、10バーディ、ノーボギーの「62」。片山晋呉がコースレコードを塗り替える驚異的なプレーを見せ、一気に単独首位に躍り出た。怒涛の5連続バーディフィニッシュという派手な締め括り。好調なショットがあってこそのビッグスコアだが、23パットという数字が示す通り、冴え渡ったパッティングも片山を支えた。

今年9月の日韓戦から本格的に使い始めたという、長尺パター。2週前の「キヤノンオープン」では「まだ扱い方が分からない」と、同じく長尺パターを扱い、キャディを務めた妹で女子プロの片山眞里から、アドバイスを受けながらのラウンドが続いていた。

<< 下に続く >>

さらに先週には、同じく長尺派である中嶋常幸からもポイントを享受。「それも良くなった要因だと思う」とようやく体に馴染んできたようで、今週はキャディを務める妹からアドバイスを受けていないとのこと。今では、片山にとって心強い相棒となっている。

その相棒を選んだきっかけは、実に意外なもの。ラウンド中、体の左右のバランスを保つため、頻繁に左打ちで素振りを行っている片山。1番の理由が、その素振りだった。「背中が痛いから、(左で)いっぱい素振りがしたかった。それが最初」。重量、長さともに、素振りにはうってつけ。お陰で背中の痛みもなく、快適にプレーできている。今や、片山にとって二役を効果的にこなす、手放せない存在になっているようだ。(編集部:塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2010年 ブリヂストンオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「全米オープン」は、9月17日(木)ウイングドフットGC(ニューヨーク州)で開幕

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!