ニュース

国内男子VanaH杯KBCオーガスタゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

谷原秀人が逆転優勝!1年11ヵ月ぶりにツアー通算9勝目を達成/チームPRGR

あれから2年近くの月日が流れようとしていた--。

「VanaH杯KBCオーガスタ」最終日(福岡県・芥屋ゴルフ倶楽部7146ヤード・パー72)。チームPRGRの谷原秀人は首位に1打差の2位タイで最終組スタート。1、2番ホールで連続バーディを早々に奪い、首位の座も奪取した。その後も好調なショットとパットでアンダーパーを量産。 16番ホールでは大会初日のスタートホール以来、68ホールぶりのボギーを叩き、首位タイとなった。

<< 下に続く >>

だが、谷原には冷静さと余裕があった。「残り17、18番ホールをバーディ、バーディで上がってみせる」。182ヤード・パー3の17番ホールでは、6番アイアンのピン左6メートルにつけ、このバーディパットをカップインさせると右手で拳を作り、力強く突き上げた。渾身のガッツ ポーズ。普段は、同じ組の選手のプレーに迷惑を掛けてはいけないという思いからガッツポーズを封印している。そんな谷原がガッツポーズを取るのは、08年9月の「パナソニックオープン」で優勝を決めた時以来だった。

最終18番ホール。初日から67・66・67と好スコアを積み重ね、この時点では通算23アンダーの単独首位。2位とは2打差も開いていること を知り、プレーに余裕が生まれた。パーパットはカップに嫌われ、大会4日間72ホールで3つめのボギーとしたものの、通算22アンダーでフィニッシュ。谷原は自己新記録のアンダーパースコアをマークし、逆転優勝でツアー通算9勝目を飾った。

8勝目からは、1年11ヵ月の月日が経った。
その間、もう勝てないのかも知れないという不安に襲われたこともあった。だが、台頭して来た10、20代の若手選手のアグレッシブなプレーに対峙し、「なんて思い切りがいい。なんて怖い者知らずなんだ。自分もかつてはそんなプレーをしていた」と谷原はかつての自分本来のゴルフを思い出した。ドライバーは曲がりを恐れずに思い切り振り抜き、アイアンショットはピンをデッドに狙う。

JGTOツアーでは唯一の高麗グリーンで開催される同大会。谷原はかつては苦手にしていた。きつい芝目と独特のグリーンスピード。予選を通過できない。しかし、08年大会でシルバーブレードパターのセンターシャフトタイプを使って11位タイの好成績を初めて収めた。昨年大会では単独4位。そして、今年も高麗グリーン対策としてシルバーブレードのTG-03csを使い、ニューeggスプーンも奏功して自身の最多アンダー記録更新という花を添えて逆転優勝を遂げたのだ。

前週大会の「関西オープン」で単独2位だったチームPRGRの矢野東も、最終日に67をマークして通算15アンダー・10位タイでベスト10入りフィニッシュ。
10週連続ベスト10入りの記録を矢野がマークしたのも、谷原と矢野とで賞金王争いを展開したのも08年。

あれから2年が経ったが、その月日が谷原と矢野を2年前以上により逞しく成長させたのかもしれない。強いぞPRGR!アゲイン!!の秋を迎えそうだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2010年 VanaH杯KBCオーガスタゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!