ニュース

国内男子ダンロップフェニックストーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

モリナリがプレーオフを制す! 石川は22位、池田は46位タイ

宮崎県にあるフェニックスカントリークラブで開催されている、国内男子ツアー第22戦「ダンロップフェニックストーナメント」の最終日。単独首位からスタートしたエドアルド・モリナリ(イタリア)と、1打差の2位タイで追うロバート・カールソン(スウェーデン)が通算13アンダーでホールアウト。今大会では3年ぶりとなるプレーオフへともつれ込んだ。

18番パー5の繰り返しで行われたプレーオフ。1ホール目はともに分け合い、迎えた2ホール目。先にバーディパットを外したカールソンに対し、モリナリが1メートルのバーディパットを沈めて決着。これで今大会の優勝者は、2003年から7年連続で海外勢が手にする結果となった。

<< 下に続く >>

首位に6打差、通算7アンダーの3位タイには、宮瀬博文シェーン・ローリー(アイルランド)。通算6アンダーの5位タイに、エディ・リー高山忠洋。通算5アンダーの7位タイに、藤田寛之丸山茂樹小田龍一丸山大輔ら6人。片山晋呉は通算4アンダーの13位タイで競技を終えた。

賞金ランクトップを走る石川遼は、4バーディ、4ボギーと伸び悩み、通算1アンダーの22位タイで終了。同2位で追う池田勇太は通算5オーバーの46位タイに終わり、残り2試合を残し、その差は約700万円に広がった。

<上位のスコア>
1位/-13/E.モリナリ
2位/-13/R.カールソン
3位T/-7/宮瀬博文、S.ローリー
5位T/-6/E.リー高山忠洋
7位T/-5/藤田寛之丸山茂樹小田龍一丸山大輔 ほか
13位T/-4/片山晋呉松村道央
22位T/-1/石川遼小田孔明
46位T/+5/池田勇太

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2009年 ダンロップフェニックストーナメント




特集SPECIAL

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!