ニュース

国内男子ダンロップフェニックストーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

池田勇太、最終ホールのバーディでギリギリ予選突破!

2009/11/20 18:10


国内男子ツアー「ダンロップフェニックストーナメント」を初日に3オーバーの60位タイと大きく出遅れてしまった池田勇太。予選通過には60位以内に入る必要があるが、第2ラウンドも苦しい戦いが続いた。

1番からスタートした池田は、6番パー3でダブルボギーを叩き5オーバーに後退。その後はパーセーブを繰り返し13番までスコアは動かなかった。残すホールは5つ、予想されるカットラインは4オーバーまでのため、最低でも1つはスコアを伸ばす必要があった。

<< 下に続く >>

14番で狙い通りバーディを奪った池田だが、15番でボギー。続く16番で再びバーディを奪ったが、17番パー3でティショットを大きく左に曲げてボギー。バーディ、ボギーを繰り返して5オーバーのまま最終18番パー5に入った。

右手首の状態はフルスイングに耐えられるものではなく、560ヤードは2オンなど狙えず3打目のアプローチ勝負となった。フェアウェイ左サイドの低い位置から、グリーン左サイドのカラーから4mに切られたピンに対して、池田のアプローチは1m右にピタリと止まった。下りのバーディパットだったが、池田は難なく沈めて4オーバーでホールアウト。辛うじて予選を突破した。

「午前中にダボを打って、後半はバーディ、ボギーの繰り返しでどうなるかと思った…。最後にバーディを獲って予選を通れたのでホッとした。身体は昨日よりも今日のほうがきつい。でも、明日からまたリセットして攻める気持ちで頑張りたい」。今季残りの試合のことも考えると、残り2日間の戦いが、今後の池田にとってプラスとなるか、それとも更なる試練を招くのか。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2009年 ダンロップフェニックストーナメント




特集SPECIAL

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!