ニュース

国内男子ダンロップフェニックストーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

【GDO EYE】尻すぼみのゴルフ脱却なるか!?久保谷健一、今季4度目の首位発進

2009/11/19 18:05


国内男子ツアー「ダンロップフェニックストーナメント」は、久保谷健一が6アンダーをマークして、初日単独首位に立った。この日も久保谷はショットの精度も高かったが、長いパッティングが決まり8バーディ、2ボギーという内容だった。

2つ叩いたボギーは12番と15番。どちらも久保谷が警戒していたホールだ。「あの2ホールはフェアウェイにいながら、パーに出来なかったところが自分の中の不安を感じるところ」。記者会見では、いつも自分のゴルフを客観的に見つめ分析を始める久保谷。この日も記者が質問する前から、要点をいくつも挙げた。

<< 下に続く >>

その中で久保谷は自身の今季の成績について語り始めた。「大体いつもは初日に躓いて、なんとか予選を通って…という流れ。でも今年は2日目を楽にできるスコアで初日を上がれている。カットラインが気にならないというのは、僕には助かりますね」。

さらに、今季の初日好スタートについても「僕はなぜか尻すぼみのゴルフですからね…。初日、2日目があまり良いと、上が見えないというか帳尻が合ってしまうんです」。と、自分の成績を過小評価する。

今季の久保谷は初日を首位で終えたのがこれで4試合目。「~全英への道~ミズノオープンよみうりクラシック」と先週の「三井住友VISA太平洋マスターズ」は、初日首位から2日目に6位に後退。しかし、この2試合も最終的には3位、そして先週は2位と優勝まであと一歩のところに来ている。それ以外にも、2日目以降スコアを伸ばし、ベスト5フィニッシュが3試合もある。

久保谷は口癖のように「なぜか、パットが入る」「なぜか、バーディが取れている」と話すが、「あれは久保谷さんの作戦ですから…。相手を油断させる作戦ですね」と言う選手もいる。もしも、今週久保谷が優勝を決めたら「なぜか勝っちゃいましたね」というセリフが飛び出すかもしれない。(編集部:本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2009年 ダンロップフェニックストーナメント




特集SPECIAL

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!