ニュース

国内男子三井住友VISA太平洋マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

今野康晴、「日本オープン」の惜敗を糧に首位浮上

2009/11/13 19:34


昨年の「三井住友VISA太平洋マスターズ」最終日、プレーオフで片山晋呉に惜敗した今野康晴が、この日のベストスコアとなる「67」をマーク。2位に2打差をつける単独首位に浮上し、「上出来です」と笑顔を見せた。

前半の15番ではチップインバーディ、後半の6番では10メートルを沈めてイーグル。7番では15メートルのバーディパットを沈めるなど、派手なプレーを披露。「去年から(コースとの)相性が良いですね。それまでは良くなかったんですけど…」との言葉通り、首位に立ったのは昨年の今大会以来1年ぶりとなる。

「何も考えず、無我夢中でやっていた方がいいのかな、と思うようになった」と話す今野。その考えの元となったのが、17番で2メートルのバーディパットを外し、最終的にプレーオフで惜敗する結果となった今年の「日本オープン」最終日だ。「“入れたらチャンスがあるな”なんてことを思ってたらミスパットした。何も考えずストロークに集中していれば入ったと思う」。その経験を踏まえた上で、「そうしたところを反省しながら、集中してやりたいですね」と、自らに言い聞かせていた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2009年 三井住友VISA太平洋マスターズ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米オープン
2019年のメジャー第3戦「全米オープン」は13日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。