ニュース

国内男子ブリヂストンオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

【GDO EYE】横尾要、天気も操る(?)相性の良さ

「ブリヂストンオープン」3日目を終えて、横尾要が8バーディ、ノーボギーの会心の内容で単独首位に浮上。池田勇太小田孔明ら伸び悩む上位陣を尻目にリーダーズボードを駆け上がり、およそ3年ぶりとなる久々の勝利に王手をかけた。

スタートホールの1番を「良いスタートが切れた」というチップインバーディで飛び出し、その後もバーディを量産。2番、8番では約50センチとピンに絡めるスーパーショット、13番では7メートル、15番では9メートルを沈めるなどすべてが噛み合ってのビッグスコアだ。

<< 下に続く >>

今大会は、1995年に自身がプロデビューを飾った思い入れの深い場。単独5位という華々しいデビュー戦となり、その頃から相性の良さを感じているという。「イメージも良いし、ここに来ると雰囲気も良くなる。最近は若い子が頑張っているけど、オジサンも負けないように頑張りたいですね」。コースが包む心地よい雰囲気がそうさせるのか、若手への対抗心をうかがわせる言葉が滑らかにこぼれ出た。

横尾がホールアウトした直後くらいに雨がパラつき始め、雨脚の強まる中で上位組がプレーを続けている中で開かれた記者会見。「ほら、雨も降ってきたでしょう?」と満足げな表情を浮かべる横尾。なるほど、確かに大会との相性は抜群のようだ。(編集部:塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2009年 ブリヂストンオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!