ニュース

国内男子アジアパシフィックダイヤモンドカップゴルフの最新ゴルフニュースをお届け

優勝会見は「Zoom」で? 稲森佑貴はベストスコアで2連勝へ

2022/05/14 07:30


◇国内男子◇アジアパシフィックダイヤモンドカップ 2日目(13日)◇大洗GC(茨城)◇7163yd(パー70)

難攻不落の大洗GCの午後を回っているとは思えないグループだった。スコアボードの数字はどれもアンダーパーの“赤字”。桂川有人は通算4アンダー(6位)、星野陸也は6アンダー(2位)。そして、稲森佑貴はこの日のベストスコア「64」で星野に並んでみせた。

<< 下に続く >>

同伴の2人は前日を終えた段階で3アンダー。「中日クラウンズ」からの2連勝がかかる稲森はイーブンパーからのスタートで「頑張って付いていこうと。“蚊帳の外”にはならないように、必死に食らいつこう」と序盤にエンジンをかけた。

出だし1番、第2打の残りは170yd。未明からの雨の影響を頭に入れ、「“実験”を兼ねて」と6Iでピンハイの距離まで突っ込んだ。1.5mにピタリとつけ、バーディ発進すると同時に「きのうは速かったグリーンが止まる」と即座に把握。ピンをデッドに攻め続け、160ydの2打目をピンそば3mにつけた最終18番で7つ目のバーディを奪った。

ティショットの安定感は健在で、この日、ボールがセミラフに達したのは「4回くらい」。深いラフには一度も突っ込んでいない。「たまたまっすよ。いつラフに行ってもおかしくない感じ」と笑うが、「でも、右と左で、行ってはいけないの(サイド)が決まっている」と狙いどころの組み立ても光る。

優勝者には7月の「全英オープン」出場権が付与される。「今年は(会場が)セントアンドリュースなので、そこも目標」と言い切った。5月26日開幕の「ミズノオープン」の上位4人、また同大会時点での賞金ランキング上位2人に入ればスコットランド行きが決まるが、「今週決められたらいい」と鼻息は荒い。

次週は「全米プロ」に初出場。今週日曜日、夕方に日本を発つ渡米チケットを持っている。優勝すれば、セレモニーや取材でコースを離れるのが遅くなるのは必至。搭乗が危うい。「まだ早いですけど…。(優勝インタビューはオンラインミーティングツール)Zoomでお願いします! マジで、お願いします」。海の向こうへの気持ちを抑えきれないでいる。(茨城県大洗町/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2022年 アジアパシフィックダイヤモンドカップゴルフ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


自宅を最高額で売却してすぐ現金化!売却額に数百万の差がでることも!?最短60秒で一括比較!無料
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!