ニュース

国内男子ダンロップフェニックストーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

15kg減量でカラダすっきり チャン・キム賞金王へ残り2戦

2021/11/21 16:50


◇国内男子◇ダンロップフェニックス 最終日(21日)◇フェニックスCC(宮崎)◇7042yd(パー71)

4月の「東建ホームメイトカップ」で112kgを指した体重計のメモリは3日前、97kgになった。チャン・キムは故障防止を目的に暴飲暴食をやめ、夏場から断続的断食(インターミッテント・ファスティング)と呼ばれる食事制限にチャレンジ。毎日午後1時から同7時の6時間以外は、水とブラックコーヒー、お茶しか口にしないという。

<< 下に続く >>

スイング、飛距離性能に磨きがかかったとは思わないが、減量で「身体の調子がすごくいいんだ。毎朝の目覚めも」と変化を日々に感じている。メンタルの安定はこの日、爆発的なスコアに繋がった。

出だし1番で2mを沈めてバーディ発進を決め、首位に3打差9位からの逆転の準備が整った。2つ目のバーディの直後、ボギーにした5番も「1.5mのパットが入ってくれて、勢いを止めなかった」と自信は揺るがなかった。

単独トップでスタートした木下稜介がバックナイン序盤でもたつくあいだ、キムは2組前で片岡尚之とデッドヒートを演じた。「素晴らしいファイター」と称賛する相手に、残り2ホールで1打負けていた。

「特別なプレーをしないと勝てない」。17番(パー3)、7Iでの第1打をピンそば2mにピタリ。「2%曲がる」いうラインの読みは出口慎一郎キャディともばっちり合った。「今週で最高のドライバーショット」から2オンに成功した最終18番(パー5)までの2連続バーディで「63」。17アンダーでライバルたちを鮮やかに抜き去った。

セベ・バレステロス(スペイン)、タイガー・ウッズら伝説的選手が並ぶ大会の歴代優勝者のひとりになり、「エキサイティングな気持ちになる。大会の一部になれたことがうれしい」と恍惚の表情を浮かべた。

10月「バンテリン東海クラシック」以来となる今季3勝目で賞金ランキングは4位からトップに再浮上。残りは2試合。次週「カシオワールドオープン」で初の賞金王戴冠の可能性もあるが、「日本シリーズJTカップ」連覇でのフィナーレを思い描く。

2017年、逆転賞金王のチャンスを残して迎えた最終戦。腰痛をおして出場しながら、2日目にあえなく棄権した。スリムになった31歳にはいま、当時と同じ不安はない。(宮崎県宮崎市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ダンロップフェニックストーナメント




特集SPECIAL

ランキング
東京五輪や実力派アマチュアの登場など話題の多かった2021年下半期。上半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!