ニュース

国内男子ブリヂストンオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

得意なラインを残す 杉山知靖を導いた“逆算力”

2021/10/10 16:58


◇国内男子◇ブリヂストンオープン 最終日(10日)◇袖ヶ浦カンツリークラブ 袖ヶ浦コース (千葉)◇7119yd(パー71)

一打一打に集中する―。使い古されたフレーズのようで、初優勝がかかるプレーヤーにとっては極めて難しいテーマでもある。28歳の杉山知靖はそれをやってのけた。

<< 下に続く >>

同じ最終組を回る片岡尚之に並ばれて迎えた後半15番は400ydのパー4。手前から12yd、右から4ydというピン位置に対して冷静に計算を働かせた。

「きょうの全体的な流れを見ると、フックラインが入っていた。今日のピン位置なら、ちょっと下りになっちゃうけど、上につければフックラインでバーディパットを打てる」。ティショットで3Wを持たずに5Wを握ったのは、セカンドでPWを持つため。「本当は右につけるのがベストだけど、右は4ydしかない。左に行かない距離、打ち方ができるピッチングを持つための5Wでした」と振り返る。

残り126ydからコントロールショットで狙い通り2.5mのフックラインを残してバーディ。続く16番(パー5)も獲って2連続バーディで通算19アンダーとして片岡を突き放した。「片岡選手がいい流れで来ているなとは感じていたけど、自分にできることをするだけだった。一番は自分にとって良いラインのバーディパットを打つこと。(ラウンドを通して)ピン位置から逆算して、ティイングエリアからゲームを組み立てた」。堂々の逃げ切りだった。

プロテストに合格した2016年、QTをサードで失敗。翌17年はほとんど試合に出られない現実を突きつけられ、「QT直後は悔しくて夜も寝られなかった」。それでも、ゴルフと向き合うことからは逃げなかった。「自信をつけることも、技術をつけることも、練習しか答えを出してくれない」。再びQTからはい上がり、プロ7年目となる今年だけで下部ツアー初優勝、レギュラーツアー初優勝、そして日米共催「ZOZOチャンピオンシップ」の切符まで手に入れた。

「素直にうれしい気持ちとここまで応援してくださった皆様に感謝の気持ちでいっぱい。今回の優勝の結果におごらず、感謝の気持ちを忘れず、日々精進していきたい」。素朴なコメントに喜びがにじんだ。(千葉市緑区/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ブリヂストンオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!