ニュース

国内男子ANAオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

3戦2勝のビンセント 米国への帰還計画も着々?

◇国内男子◇ANAオープンゴルフトーナメント 最終日(19日)◇札幌ゴルフ倶楽部 輪厚コース (北海道)◇7063yd(パー72)

キャップからはみ出した金色の後ろ髪を風になびかせ、スコット・ビンセント(ジンバブエ)が輪厚を颯爽と駆け抜けた。3打差3位から出た最終日に、この日ベストの「66」で2位に3打差をつけた。8月「KBCオーガスタ」初優勝からわずか2戦目にして、日本ツアー2勝目を飾った。

<< 下に続く >>

通算12アンダーから出た最終日。「19か20アンダーまで行けば優勝争いに絡めると思っていた」と前半から果敢に攻めた。平均飛距離300ydというドライバーショットは、同組で回った星野陸也をアウトドライブ。9番(541yd/パー5)は残り254ydの第2打を、3Iでピン手前6mに運び、「2パットでいいと思った」というイーグルパットもカップに沈め、前半だけで5つ伸ばした。

折り返した後半、1つ伸ばした13番で見ないつもりだったリーダーボードが目に入った。「自分が一番上にいたのでびっくりした」とビンセント。その時点で2位とは5打差。そこからゲームプランを変更し、「ステディなゴルフをしていれば、他の選手はもう追いつけない」と安全策に切り替えて、確実に勝利をつかんだ。

2019年から日本ツアーに参戦し、同年は賞金ランク15位。2020年は欧州ツアーを主戦場としてトップ10入りを3度記録。2021年は4月の「東建ホームメイトカップ」から国内ツアー参戦を続けている。

「日本ツアーの気に入っているところは、食べ物や、移動のしやすさなどたくさんある。ネガティブなところを挙げるとすれば、良い選手がたくさん居すぎることかな」とリップサービスも好調だ。昨晩は寿司、今夜はジンギスカンを食べにいく予定だという。

「次の目標はZOZOでプレーすること。その次は世界ランク100位以内に入りたい」と、29歳の視線は将来を見据えている。

現在は米国コロラド州に自宅があり、「彼女(奥さん)への一番のプレゼントは国に帰ることかな」と笑う。将来はPGAツアー参戦を目指しており、「世界ランキングを上げて、メジャー大会に出たい。もしかしたら、Qスクールを受けてコーン・フェリーツアーに参戦するかも」と、米国帰還計画も着々と進行中だ。(北海道北広島市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ANAオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!