ニュース

国内男子ジャパンプレーヤーズチャンピオンシップ by サトウ食品の最新ゴルフニュースをお届け

「唯一やりたいスイングができなかった」石川遼は最終18番で痛恨ダボ

2021/05/09 20:20


◇国内男子◇ジャパンプレーヤーズチャンピオンシップ by サトウ食品 最終日(9日)◇西那須野CC(栃木県)◇7036yd(パー72)

サンデーバックナインで一度は首位に立った石川遼だが、終わってみれば首位と2打差の7位タイ。首位タイで迎えた最終18番で1Wショットを左の池に入れてダブルボギーとし、「今日で唯一、自分のやりたいスイングができなかった」と唇をかみしめた。

<< 下に続く >>

風は右からのアゲンスト。「かなり強いアゲンストで…。3Wか1Wで迷ったけど、3Wで力むよりは1Wで左に行かないようにと思った」という中で出た痛恨のミスショットだった。

優勝争いは繰り広げたが「かなりもったいなミスが多かったので、このゴルフで勝つのは難しかったかもしれない」と率直に自己評価する。5番ではウェッジを握りながらグリーン手前の池に入れてダブルボギーとし、勝負どころの16番(パー5)でも、アプローチをグリーン奥の池に落としてボギーとした。

「(16番は)当然、奥の池に入れてはいけないというのは分かっていたけど、(ラフで)ボールがうまく飛ばないのでは思っていたら、思ったより飛んでしまった。ジャッジの部分」と判断ミスを悔しがる。

それでも、6番(537yd/パー5)では1Wショットをかっ飛ばし、残り189ydの2打目を8Iで2.5mにつけてイーグルを奪うなど、「7、8割は良い方向に行っている」と着実に手応えは増している。

「今週はもう何回も心が折れかけていたというか、1日1、2回くらい攻め方のミスをしてダブルボギーをいっぱい打った。悔しいけど、もっと良いゴルフができるなと思ったので楽しみの方が多いです」と、自らを鼓舞するように前向きな言葉で総括した。(栃木県那須塩原市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ジャパンプレーヤーズチャンピオンシップ by サトウ食品




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!