ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

ゴルフきょうは何の日<4月25日>

2013年 尾崎将司がツアー初のエージシュートを達成

66歳だった尾崎将司がレギュラーツアー「つるやオープンゴルフトーナメント」の初日に9アンダー「62」をマーク。ツアーでは史上初のエージシュートを達成した。

1番ティから出た尾崎は3番でバーディを先行させると5番から4連続バーディを奪取。後半に折り返して10番、12番でもスコアを伸ばしていった。14番で15mからのロングパットで3パットを喫してボギーとしたが、15番でバウンスバック。16番のパー3はピン奥3mを沈め、17番(510yd、パー5)では2打目でピン右上7mに2オンさせてイーグルとした。

<< 下に続く >>

最終18番をボギーとスコア一つ落としての上がりだったが、後続に3打差つけた堂々の単独首位発進を決めた。同組でプレーした尾崎直道は「全盛期みたいな感じだったね。どっしりして王者みたいなゴルフだった」と感嘆し、青木功からは「ジャンボ、おめでとう!エージシュートは達成した人にしか分からない難しさがあると思う。レギュラーツアーでエージシュートなんてすごいことだ。日々努力を重ねていないとできないことだ」と祝福の言葉が贈られた。

尾崎自身は「俺はエージシュートを目指してゴルフしてないから」と一刀両断。「スコアが出ない要因はティショットでアドバンテージを取れないから。取れないからセカンドが苦しくなって、ボギー、ボギーとなってしまう。アドバンテージが取れたら、セカンドで使うクラブが短くなるし、フェアウェイキープの回数も多くなって、グリーンも外さない。だからあとはパット次第」。ドライバーを1インチ長くして飛距離アップに取り組んだ秘策が実を結んだ。4日間プレーした尾崎は通算3アンダー51位タイで終えた。

70歳で迎えた17年「ホンマ・ツアーワールド・カップ」2日目にも「70」を出して2度目のエージシュートを達成させた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!