ニュース

国内男子ゴルフ日本シリーズJTカップの最新ゴルフニュースをお届け

見通せないコロナ禍のオフ 今平周吾「トレーニングで追い込む」

2020/12/07 12:12


◇国内男子◇ゴルフ日本シリーズJTカップ 最終日(6日)◇東京よみうりカントリークラブ(東京)◇7023yd(パー70)

今平周吾は長い“オフ”を覚悟している。松山英樹に次いで日本勢2番手となる世界ランキング75位につけるが、年明け後のスケジュールは依然として不透明だ。

<< 下に続く >>

3年連続で参戦していた1月のPGAツアー「ソニーオープンinハワイ」の出場はかないそうにない。海外メジャーで初の予選通過を果たしたとはいえ、国内ツアーの試合が次々と中止になった影響もあり、ポイントを稼げなかった世界ランクも昨年末時点の31位から大きく下がった。来年4月「マスターズ」だけでなく、世界選手権シリーズへの扉も閉ざされそうなポジションまで後退を余儀なくされた。

「開幕は4月になっちゃうんじゃないかな」と見込み、「去年とかは1月2月も試合があって、なかなかできなかった体づくりをしっかりやろうかな、と。(トレーニングで自分を)追い込みたい」と前を向く。下半身を中心に鍛え上げながら、統合されたシーズンのリスタートに備える。

代表圏内にいる東京オリンピックへのスタンスについても、コロナ禍で変化が生じつつある。「チャンスがあって、出たいというのもすごく強かった。『出たい』という意識でやっていますけど、(大会自体が)なかったらなかったでしょうがない。それよりも、試合でいい結果を出し続けるために努力したい。(メジャーで)次は予選通過ではなく、15位以内とかの結果を出せるように」

世界ランク100位前後まで出場できる慣例のある「全米プロゴルフ選手権」(5月20日~/サウスカロライナ州キアワアイランドゴルフリゾート・オーシャンコース)、すでに出場権を持つ「全英オープン」(7月15日~/イングランド・ロイヤルセントジョージズGC)をメインターゲットに据え、いまできることに集中する。

「練習ラウンドでは打てても、試合の中じゃないと感じない感覚もある。試合の緊張感の中での感覚を養えないから、難しかった」という2020年。14日間の隔離期間が明けて間もなかった初日に24位タイと出遅れながら、最終日「67」で通算1アンダー10位タイフィニッシュ。2年連続賞金王の意地を見せた。(東京都稲城市/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 ゴルフ日本シリーズJTカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!