ニュース

国内男子ダンロップフェニックストーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

苦手フェニックス攻略へ 石川遼「ちょっとしたことだと思う」

2020/11/19 18:47


◇国内男子◇ダンロップフェニックストーナメント 初日(19日)◇フェニックスカントリークラブ(宮崎)◇7042yd(パー71)

各ホールが松林にセパレートされたフェニックスCCは、石川遼にとって決して相性の良いコースではない。2008年に2位となったが、以降は8度の出場で20位以内にも入れていない。

<< 下に続く >>

「08年は自分としての評価はあまり高くない。あのときは1Wショットがまったく曲がらなくて、ハマりまくってラッキーもあっての2位。本当に出来過ぎだった」と振り返る。その難コースを相手にどう戦うか?石川は開幕前に苦手コースであることが「モチベーションにつながっている」と意欲を見せた。

現在は「左のミスを減らすこと。右(のミス)はある程度OKにして、最初の1年は焦らず取り組んでいこうと思っている」と、“左のミスショットが少ないドローボール”を目指してスイングに手を入れている。その過渡期を、確率の高いマネジメントで乗り越えようとしているところだ。

大会初日、石川が1Wを握ったのは2番、4番、7番の3ホールだけ。1バーディ、4ボギーの3オーバー「74」で71位と出遅れたが、「そんなに悪い内容ではなかった」と自身のゲームプランには納得できる部分もある。「ただ、今日はアイアンの距離感が合わなかった。下りのラインが多くなって、そのパットもショートしがちだった」と反省する。先週、ツアー屈指の高速グリーンで戦ってきた残像も影響があったという。

スコアに惑わされず、気持ちを切らさずにプレーすることの大切さは、先週の「77-67」という予選ラウンド2日間で学んだことだ。「ちょっとしたことだと思います」といまの状態を否定はしない。あすの18ホールへ気持ち新たに挑むだけだ。(宮崎市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 ダンロップフェニックストーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!