ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

稲森佑貴がISPSと所属契約「身が引き締まる」

2020/11/01 11:15


10月の国内男子メジャー「日本オープン」を制した26歳の稲森佑貴が一般社団法人「国際スポーツ振興協会」(ISPS)と所属契約を結んだ。

稲森は10月31日に閉幕した「ISPS HANDAコロナに喝!!チャリティー・レギュラートーナメント」(福島・五浦庭園カントリークラブ)に出場した。大会前の30日に専属契約を結び、初のホスト大会を7位で終えた。

<< 下に続く >>

稲森は「(契約は)急な話だったので、実感はまだわかないですが、朝のスタートのコール時に身が引き締まる思いです。かき立ててくれるものがある。ISPSを背負っている」と話した。

鹿児島出身の稲森は16歳だった2011年にプロテスト一発合格。07年以降では最年少合格者となり、18年「日本オープン」でツアー初優勝。「日本オープン」でツアー2勝目を挙げた。18年のフェアウェイキープ率は歴代最高の73.69%と正確無比な1Wショットが持ち味だ。

欧州ツアーなども主催するISPSだけに、「ひとつでもチャンスがあるなら行きたいと思います」と推薦出場などでの海外進出のチャンスも広がる。「どの試合もプレーヤーは優勝を目指して全力でやっている。それを毎試合続けていれば海外でも頑張れる。(国内ツアーは次戦から)三井住友VISA太平洋マスターズ、ダンロップフェニックスと好きなコースなので頑張りたい」と意気込みを口にした。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!