ニュース

国内男子SMBCシンガポールオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 SMBCシンガポールオープン
期間:01/16〜01/19 場所:セントーサGC(シンガポール)

ジムで「吐いた」オフを経て 木下稜介は3日連続アンダーパー

2020/01/18 18:22


◇国内男子&アジアンツアー◇SMBCシンガポールオープン 3日目(18日)◇セントーサGC(シンガポール)◇7397yd(パー71)

54ホールを消化して、日本勢のトップに木下稜介が立った。16位タイから6バーディ、2ボギーの「67」をマーク。カラーから7mを沈めた5番からの3連続バーディをきっかけに、通算7アンダーの8位タイに浮上した。シード選手として2年目の今季は、大きな目標を掲げて開幕戦に乗り込んできた。

「期待半分、不安半分でシンガポールに来ました」という。賞金ランキング34位で一年を終えて迎えたこのオフ、プライベートでのゴルフが絶好調。「シーズンが終わってから良くて…今週、アカンかったらどうしようと思っていた」。その手ごたえはウソではなかった。初日からショットでチャンスを多くつくってアンダーパーを3日続け、「うまくいっている」と、いまある感触を喜んだ。

約1カ月の休みの間、トレーニングで多く汗を流した。というか、「キツくて吐いた」。大阪府内のジムで、トレーナーが用意してくれた1時間のメニューを、最初はほとんど消化できなかった。「今までは重いものを持つトレーニングだったものを“瞬発系”にしました。回数を重ねて、やっと全種目をこなせるようになった」。2㎏の増量だけでない、ゴルフへの効果はすぐに出た。「スイングの切り返しがスムーズになって、質のいいドローボールになった。すごく手ごたえを感じている」

1991年7月生まれ。“松山英樹石川遼と同学年”というフレーズがいつも付いて回る。いつかは追いつきたいという気持ちでいつつ、ふたりにも「積極的に質問に行く」という。「(彼らとは)天と地の差がある。でもうまい選手に聞くのが一番の近道。そこにプライドはないです」

2020年を飛躍の年にしたい思いは人一倍だ。「僕は学生の頃から、一歩一歩というタイプ」と自己分析しながら、シーズンの目標は小さくない。「でっかく言うと、賞金王を目指してやる思いで取り組んでいます。最低1勝。できれば2勝、3勝としたい」。まずは世界トップレベルのプレーヤーがいるフィールドで、意気込みを証明したい。(シンガポール/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 SMBCシンガポールオープン




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。