ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

片岡大育はQT失敗もアジアに活路「世界中どこへでも」

2019/12/10 17:40


◇国内男子◇ファイナルクォリファイングトーナメント 最終日(10日)◇セントラルゴルフクラブ 西コース(茨城県)◇7165yd(パー72)

ツアー3勝の片岡大育は最終予選会でも来季レギュラーツアーの出場権をつかめなかった。今季の賞金ランキング73位に終わり、ボーダーラインの65位を下回って6年守ったシードを喪失。6日間108ホールにわたるファイナルQTに挑戦したが、通算11アンダーの49位に終わった。

来季の第1回リランキングまでの限定的な出場権はQT上位20人に付与される。バーディ合戦が繰り広げられるなか、片岡は4日目にはじめて60台を記録(67)。シーズンを通して悩みの種だった1Wショットに苦しみ、「やっぱりティショット次第でした。フェアウェイにいればスコアになったが…フェアウェイにいなかった」と笑顔なく振り返った。

「内容は悪くなかっただけに、歯がゆい一年だった。勉強したい。でも『こういうこともあるよな』とも考えています」と潔く言った。日本で年間を通じた出場優先順位は低くなったが、今回4日間の予選を通過し、6日間を戦い抜いたことで来季リランキング対象選手になった。歴代優勝者の資格で出場可能と見られる「ダイヤモンドカップ」、「関西オープン」など、例年通りならシーズン序盤に行われる大会で上位進出となれば、道は再びひらける。

また、片岡はこれまでアジアンツアーにも活路を見出してきた。今週の「インドネシアマスターズ」(ロイヤルジャカルタGC)に出場するため11日(水)に日本を発つ。「世界中、どこへでも行くスタンスは変わらない。日本ツアーの試合が少なくなっても、アジアでもできる。いっぱい試合に出たいです」と顔を上げた。(茨城県行方市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。