ニュース

国内男子シンハン ドンヘ オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2019年 シンハン ドンヘ オープン
期間:09/19〜09/22 ベアーズベストチェオンナGC(韓国)

「勝ちたかった」今平周吾はフェアウェイキープに苦戦

2019/09/22 17:03


◇国内男子・KPGA・アジアン◇シンハン ドンヘ オープン 最終日(22日)◇ベアーズベストチェオンナGC(韓国)◇7252yd(パー71)

首位と2打差の2位から出た26歳の今平周吾は、3バーディ、4ボギーの「72」でプレー。通算8アンダーとスコアを落とし6位で終え「スコアを伸ばしたかったんですけど、なかなかうまくいかなかった」と悔しさをかみしめた。

前半2番(パー5)で2打目をグリーン横まで運びバーディを先行させ「出だしは行けるかなと思った」が、その後波に乗ることは出来なかった。それでも最終18番で意地のバーディを奪いグリーンを取り囲んだ観衆を沸かせた。

「きょうはフェアウェイになかなか行かなくて、セカンドをチャンスにつけられなかった」とフェアウェイキープ率64.29%にとどまったティショットの乱れを敗因とした。「風もちょっと強くて3日間とは違う感じがして読みが難しかった」と気まぐれな風にも翻弄された。

史上初の日・韓・亜3ツアー共催競技で4日間をアジア選手と堂々戦い抜いた。優勝したのは、欧州ツアーやアジアンツアーを主戦場とするジェイビー・クルーガー(南アフリカ)だ。自身のプレーは「(アジアで)通用はするとは思います」と自信はあり、「勝ちたかったです」と話した。

次週「パナソニックオープン」もアジアンツアーとの共催競技となる。悔しさを糧に日本ツアー賞金王として借りを返したい。(韓国・インチョン/柴田雄平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 シンハン ドンヘ オープン




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。