ニュース

国内男子ANAオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

“大酒断ち”で正岡竜二が自己ベスト「64」

2019/09/14 16:24


◇国内男子◇ANAオープンゴルフトーナメント 3日目(14日)◇札幌ゴルフ倶楽部 輪厚コース (北海道)◇7063yd(パー72)

驚きのあまり笑顔で右手を突き上げた。初優勝を目指す36歳の正岡竜二が後半17番(パー5)で20mを沈めてイーグルを奪った。「上って下ってのスライスラインで最後がフックライン。なんとか2パットで上がりたいなと思っていた。ラッキーでした」と声を弾ませた。

今大会は5戦中4戦で予選落ち。苦手意識があったが、気心が知れた仲の池田勇太の推薦で、池田が2017年大会を制したときのハウスキャディ「泉さん」に助けを求めた。「自分でもびっくり。キャディさんのおかげです。グリーンの読みがバッチリだった。安心して攻めることができた」と振り返った。

1イーグル7バーディ、1ボギーの「64」。2017年「ダンロップ・スリクソン福島オープン」に並ぶベストスコアをたたきだし、通算12アンダーとして25位から3位に浮上した。キャリア21年のハウスキャディも「メンタル面が弱いみたいなので、落ち着いてもらおうと『平常心で』と横で唱えていました」と微笑んだ。

今季は11試合に出場し、予選通過は8度もトップ10はなし。正岡は「3日目が悪いんです。疲れなのかな」と渋い表情。前週からは大好きな酒も控えめにし、前夜はビール1杯にとどめて好スコアにつなげた。

「勝ちたい気持ちは強い。優勝したいが、自分のプレーをして、結果的に優勝につながればいい」と沖縄出身のプロ14年目が北海道での逆転Vを思い描いた。(北海道北広島市/玉木充)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 ANAオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。