ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

四軸織物を採用したアッタスのFW・UTシャフト

シャフトラボは先頃、四軸織物を採用したFW及びユーティリティ専用シャフトを発売した。

四軸織物は同社が世界で初めてゴルフシャフトに採用した製法で、4本の繊維を相互に編み込むことで形成されるため、あらゆる方向に均一な剛性を保つことができる特徴があるという。

<< 下に続く >>

FW用の『アッタス EE』は、四軸織物を手元部に配置。ダウンスイング中の変形を減らし、パワーロスを軽減する仕様になっているという。また、あらゆる形状およびロフト角に対応できる最適トルクとチップテクノロジー設計を採用しており、高弾道で安定した方向性と飛距離を実現するという。

UT用の『アッタス EZ』は、四軸織物を先端部に配置。先端部にしっかり感が生まれ、均一に編み込まれたカーボン繊維が不要なしなりやつぶれ、ねじれを素早く解消。ヘッドのブレを抑え、コントロール性能を高めているとか。また、先端部をしなやかに設計しつつ最適なトルク数にすることで、ユーティリティに求められるイメージ通りの弾道を導き出し、グリーンをピンポイントで攻めることができるシャフトに仕上がったという。

なお、『アッタス EE』は52~86gまでの10スペックを用意。『アッタスEZ』は、チップ径が0.35の『350』と0.37の『370』があり、両モデルともに重量及びフレックスの違う10スペックを用意している。また、シャフト本体は、高級感と攻める姿勢を感じさせるイオンプレーティング加工となっている。

セカンドショットの精度に悩んでいるゴルファーには、是非一度試してもらいたい。

問い合わせはシャフトラボUSTMamiya事業部へ、03-6278-7910。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!