ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

キャスコからこだわりのグローブ2機種

キャスコはこのたび、品質の高いピュアエチオピアシープを使用した『シルキーフィット(GF‐14251)』(9月9日発売)、吸湿発熱効果のあるフリース素材「ヒートウォーム」を採用した『ヒートキャスコ(SF‐1435W)』(9月15日発売)の2機種のゴルフグローブを発売する。それでは以下より、グローブの品質に定評のある同社が、こだわり抜いた自信作を順に紹介する。

まずは、『シルキーフィット』から。同モデルは、エチオピアシープのなかでもアビシニアン高原で育成したハイランドシープを厳選使用。同種は、赤道に近く海抜2000m以上の特殊環境、さらに、昼夜の寒暖差が大きい特殊な気候で育成されるため、余分な脂肪分がつかず、絹のようななめらかさと繊細ながら強度のある高品質な皮質になるという。さらに同社は、皮革の鮮度を保つため、現地・エチオピアのナイル川主流「ブルーナイル」の良質な水を使用して、なめし加工を行うこだわりをみせる。その結果、これまでにない柔らかさと、吸い付くようなフィット感を実現。なんと、皮革の厚みは0・4mm基準(0・4~0・45mm)というから、その薄さに驚かずにはいられない。同モデルは、先頃グローブ使用契約した田村尚之李知姫をはじめ、岡村咲も使用しているプロ仕様モデル。

ちなみに、カラーはホワイト、ブラックの2色を用意。サイズは21cm~28cm(※1cm刻み/レギュラー左手モデル)、価格は2500円となっている。

続いて『ヒートキャスコ』を紹介する。同モデルは、甲の部分に吸湿発熱効果のあるフリース素材「ヒートウォーム」を採用。体からの水分を吸収して熱に変換するため、+3・3度(同社試験結果より)の発熱効果が得られ、冬の寒い時季も快適にプレーできるという優れモノ。また、手首部分は防風・保湿効果のあるリブニットを使用。ウエアとの間に隙間ができず、温かさを逃さない仕組みだ。

さらに、手のひら部分に滑り止め加工を施したエンボス合皮「LEVO TEX‐NS‐」を使用。表面のエンボスパターンの凹凸による引っかかり(摩擦)が高いため、しっかりグリップできるという。同社のこだわりはこれだけではない。汚れても丸洗い可能な同モデルは、さらに、装着したままでもスマートフォンや、タブレット端末などのタッチパネル操作が可能。ゴルファーのことを考えた仕様になっている。ただし、公式競技では使用できないので、注意が必要。

サイズはSS(19cm~20cm)、S(21cm~22cm)、M(23cm~24cm)、L(25cm~26cm)の4種類。カラーはブラックのみとなっている。価格は3500円(両手のみ)。

問い合わせはキャスコへ、0120-371-562。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。