ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

ノンゴルファーの意識調査

2013/03/07 16:00

ゴルフアミューズメントパーク(GAPK、NPO法人)は先頃、「2千万人もの『ゴルフ未経験・潜在層』のハートをつかめ!」と題したアンケート調査の結果を発表した。ゴルファーを対象にした意識調査は数多いが、「多くの一般生活者がなぜゴルフをしないのか、ゴルフに関心を示さないのか、に焦点を当てた1万人規模の意識調査」で、ゴルファー創造の起爆剤としたい考え。調査は昨年12月、サンプル数は1万人で、楽天リサーチを通じて行った。

これによると、過去1年以内にプレーをした層は11%で、過去1度もプレーしたことがないノンゴルファーは67%。さらに1年以内にプレーをしていないが、それ以前にプレー経験がある「休眠・リタイア層」が22%と、3種類に大別できると指摘している。注目点は、ノンゴルファーでありながら「ゴルフに興味がある」と回答した層が未経験者の約30%、全体の約20%を占めること。GAPKは日本の総人口に換算すると約2000万人に相当すると結論付け、「ゴルフ潜在層」と命名した。

<< 下に続く >>

ゴルフ潜在層の特徴は、若年層ほど多いことだ。15~19歳=29%、20代=26%、30代=23%、40代=15%というもので、「潜在層の活性化には30代までが重要」と強調する。また、性別では男性=19%、女性=21%であることから、女性ノンゴルファーの関心度は男性より2ポイント高いことも明らかになった。

ノンゴルファーがゴルフをしない理由は、1位が「プレーが高額」(潜在層52%、無関心層44%)、2位は「用具が高額」(潜在層43%、無関心層38%)で、「ゴルフは高い」というイメージが障壁になっている。

ゴルフは必ずしも高額ではなく、レンタルシステムの活用などで敷居を下げれば、潜在需要を掘り起こせるかもしれない。調査を終えたGAPKは、「従来型の視点と発想を変え、新しい仕組みを考えてゴルフ界全体で展開すれば、ゴルフ市場の健全な成長は可能です」と結んでいる。

おすすめ記事通知を受け取る



今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!