ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

オデッセイ ダマスカスパターの人気に迫る!

■ オデッセイ パターデザイン責任者 オースティ・ローリンソン氏にインタビュー■

Q:「数々のヒット商品を生み出したオースティ氏が考えるパターづくりのこだわりとは?」
A:「ルックス、フィーリング、パフォーマンスにこだわってパターを開発しています。ルックスに関しては、ピンタイプの伝統的なものから、ネオマレットのような革新的なものまで、プレーヤーの意見を聞きながら、形状を整えていきます。
ただし、打ちやすさ、ボールの転がりといったパフォーマンスもパターの制作において重要な要素です。ネオマレット型のパターは、ヘッドが大きくデザインの幅が広がり可能性を秘めているのですが、パターは部屋に飾るものではないので、デザインが先行しすぎないよう注意しながら進めています」

Q:「セイバートゥース、D・A・R・Tなど、ユニークなヘッドデザインはどこからくるのでしょうか?」
A:「ユニークなデザインをイメージしてから開発をしているのではなく、パフォーマンスを追求した結果、あのようなユニークな形状になるのです。D・A・R・Tというパターは、はじめにアライメントをどうするか決めるとき、白いラインを引いただけだったのですが、毎回ボールの中心にヒットできるようなデザインはないかと考えたのです。そこで閃いたのが、フェースに近づくにつれ、白いラインの幅を狭める形を採用することで、“ボールを射貫く”イメージをつくることができました」

Q:「池田勇太など多くのツアープロが使用している新作のホワイト・ダマスカスパターですが、なぜレア素材の「ダマスカス鋼」を選んだのでしょうか?
A:「もともと希少価値の高いダマスカス鋼には注目していました。独特な打球音とウレタンよりも硬い感触を得ることができるからです。今回リリースしたパターでは、ダマスカス鋼(外層)、ウレタンインサート(内層)の2層構造にすることで、ソフトながらもソリッドなフィーリングが残り、距離感の合わせやすいパターに仕上がりました。その点がツアープロにも人気の秘訣なのかと思います。」

ツアーで使用率NO.1に輝くなど、多くの支持を集めているオデッセイだが、今後の商品開発において伝統的なものは打ち破っていきたいと語るオースティ氏。新しい素材やヘッド形状を採用することで、打ちやすい、新たなフィーリングを追求していくのだろう。(キャロウェイ本社/宮田卓磨)

おすすめ記事通知を受け取る



今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。