ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

ロフト別に最適スピン 本間ゴルフ「TW-W ウェッジ」2021年モデル登場

本間ゴルフ(本社・東京都港区)は、「ツアーワールド TW-W ウェッジ」の2021年モデルを発売した。新たな番手別設計テクノロジーを随所に搭載してのリニューアルとなる。

ロフト角は48、50、52、54、56、58、60度の7種類。番手別にバックフェースの設計が調整され、48~54度は厚みをフラットにする中・低重心設計。56~60度は上部に厚みを持たせる高重心設計としている。さらに、54~60度のトウ寄りには低比重のアルミパーツを組み込み、重心位置を高めに調整。それぞれの番手に求められる最適なスピン量と弾道を生み出すという。

<< 下に続く >>

また、ソール形状は番手別に3タイプを用意。フルショットでもヘッドの抜けが良い『Iソール』(48~54度)、フェースを開いて打ちやすい『Cソール』(56~60度)、ソール全面が使えてバウンス効果を発揮しやすい『Sソール』(58、60度)と、好みに合わせて形状を選べる。

1本あたりの税込価格はスチールシャフトが2万5300円、オリジナルカーボンシャフトが2万8600円。問い合わせは本間ゴルフ(0120-941-380)まで。

おすすめ記事通知を受け取る
本間ゴルフ
場面に合わせ、スピンと弾道を最適化。
発売日:2021/03/26 参考価格: 25,300円

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!