ニュース

米国男子バルスパー選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2019年 バルスパー選手権
期間:03/21〜03/24 イニスブルックリゾート&GC(コパーヘッド)(フロリダ州)

17歳の米トップジュニア 進学せずプロ転向決意の波紋

今週の「バルスパー選手権」に17歳の高校2年生、アクシェイ・バティアが推薦で出場した。「74」「72」の通算4オーバーでカットラインに3打及ばず予選落ちに終わったが、大学進学せず、今年9月にプロ転向する計画を立てているということで注目を集めている。

バティアは昨年、「全米ジュニア」こそ36ホールの決勝戦で惜敗したが、「ジュニアPGA」連覇をはじめ、「セージバレー」「ポロ」「ロレックス」などジュニア界のビッグタイトルを総なめにし、米国最大のジュニアゴルフ団体であるアメリカンジュニアゴルフ協会(AJGA)の最優秀選手に輝いた。前月には「ジョーンズカップ」という大学生のトップ選手が大半を占める、世界アマチュアランキングの格付けAランク競技も制した。

AJGA発足からの40年間で、過去の年間最優秀選手にはタイガー・ウッズ(1991、92年)、フィル・ミケルソン(86-88年)、ジョーダン・スピース(2009年)らがいるが、これまでこの賞を獲得した男子選手が、大学進学せずにプロ転向した例はない。

開幕前の公式記者会見では、「『ウォーカーカップ(アメリカ対英国アイルランド連合のアマチュア団体戦/9月開催)』に出場し、その後にプロ転向しようと考えている」と説明した。その理由について「中学2年の時、自分は学校が好きではなく、成績もあまり良くなかった。授業中も集中力が散漫になっていた。父に相談したら、進学せずにゴルフだけに専念することに同意してくれた」という。現在、勉強は“ホームスクール”として自宅や遠征先で行っていて、高校は卒業する予定だという。

大学ゴルフはここ数年、ゴルフ専門テレビ局「ゴルフチャンネル」が生中継を開始するなど注目度が上昇しており、大舞台で活躍するとプロ転向時にメーカーから破格の契約金が用意されるケースも増えている。また、ゴルフ部から全額負担の奨学金を得られた場合、学費、本代、居住費、食費、ゴルフに関するすべての費用に加えて、9カ月間で60万円ほどの小遣いまでもらえるような大学もある。充実した練習施設、プライベートジェットを使用した移動など魅力的な点は多い。バティアはオクラホマ州立大とスタンフォード大の2校を視察したが、プロ転向の意志は揺るがなかったという。

コースタルカロライナ大(サウスカロライナ州)で4年間(中退)を過ごしたダスティン・ジョンソンは「自分は大学ゴルフでレベルアップすることができた。もし大学ゴルフをまったく経験していなかったら、いまのようにツアーで活躍することはできなかったと思う」という。

また、アリゾナ州立大を卒業したジョン・ラーム(スペイン)は「彼の進路についてとやかく言う立場ではないけど、かなり才能のある選手でもリスクを伴うと感じる。努力を惜しまず、我慢強くなること。彼が成功することを期待している」とエールを送った。

現在の米ツアーで大学進学せずにプロ転向した米国籍の選手は、ショーン・オヘアやケビン・ナらの中堅選手のみ。かつて17歳で米ツアー出場権を獲得したタイ・トライオンは実質3年間で出場権を失った。最近の成功した例では、昨年南フロリダ大学に進学する予定だったホアキン・ニーマン(チリ)が、入学に必要な英語の成績が足りずに断念してプロ転向。推薦出場した試合で4度のトップ10入りを果たし、今季の米ツアー出場権を獲得した。

来年1月2日に18歳の誕生日を迎えるバティア。現在、世界アマランク8位だが、今週はメーカーロゴが大きく入ったスタッフバッグを経験豊富なツアーキャディが担ぎ、ロープ外からは大手マネジメント会社のスタッフも見守っていた。

はたして大学ゴルフをスキップして米ツアーで成功を収めることができるだろうか?今後しばらく、このスーパー高校生の動向が注目を集めそうだ。(フロリダ州パームウォーター/アンディー和田=ゴルフ解説者)

<大学ゴルフ部に在籍した主な米国籍のトップ選手>
タイガー・ウッズ(スタンフォード大) 2年間在籍中退 (個人優勝11回)
フィル・ミケルソン(アリゾナ州立大) 4年間卒業(全国大会制覇個人3回)
リッキー・ファウラー(オクラホマ州立大) 2年間在籍中退(全国大会準優勝)
ジャスティン・トーマス(アラバマ大) 2年間在籍中退(全国大会団体優勝)
ジョーダン・スピース(テキサス大) 1年半在籍中退(全国大会団体優勝)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 バルスパー選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2019年 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年にお伝えしたさまざまなニュースの中から、もっとも読まれた記事を厳選。 歴史的快挙が続いた1年間をランキング形式で振り返ります。1位に輝いたニュースは…?

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。