ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

ザ・グリーンブライアークラシック
期間:07/02~07/05  場所: ザ・グリーンブライアー(オールドホワイトTPC)(ウエストヴァージニア州)

アメリカンドリーム?ホールインワンでファンに現金大盤振る舞い

階段下の大柄な男性がグリーンブライヤーリ 階段下の大柄な男性がグリーンブライヤーリゾートのオーナー、ジム・ジャスティス氏。1人1人に現金を手渡していく

メディアセンターに、この日2度目のホールインワンを告げる放送が流れた。「ジャスティン・トーマスが18番でホールインワンを達成。今回は1人当たり500ドル!」そして、続けた。「メディアセンターを18番に移そうか?」

ウェストバージニア州にあるオールドホワイトTPCを舞台に行われている「ザ・グリーンブライアークラシック」では、水曜日のプロアマ日から日曜日まで、18番(パー3)でのホールインワンに特別な賞金が懸けられている。

その名も「ホールインワン・ファン・ジャックポット」。対象となる日に18番でホールインワンが達成されると、同ホールのギャラリースタンドと芝生の観戦エリアにいた人に1人ずつ賞金が渡される。1個目のホールインワンには1人100ドル、2個目は1人500ドル、3個目は1人1000ドル!期間中に3つ出れば、それで打ち止めとなる。

1個目のホールインワンは大会初日の朝10時ごろ、ジョージ・マクニールが実測137ydをPWで達成した。大会から支払われた総額は18900ドル(約232万円)で、対象者は189人ということになる。

それから約5時間半後。トーマスがこの日2個目のホールインワンを出したときに、その対象者は347人へと膨れ上がっていた。1人500ドルなので、支払われた総額は173500ドル(約2134万円)!

ちなみに、それぞれファンへの支払いだけでなく、1個目は2.5万ドル、2個目は5万ドル、3個目は10万ドルが達成者の選ぶチャリティ先へと寄付される。

このお金は、グリーンブライヤーリゾートのオーナー、ジム・ジャスティス氏から直接ファンたちに手渡される。ジャスティス氏は、農業や炭鉱の経営で財をなした人物で、現在の総資産は16億ドル(約1968億円)と試算されている大金持ちだ。

ちょっぴりえげつない感じもするが、ファンたちは大熱狂でこのスタンドだけは満員御礼。2日目以降も最後の賞金獲得のチャンスにファンが群がることは間違いない。こういう遊びも、実にアメリカっぽい。(ウェストバージニア州ホワイトサルファースプリング/今岡涼太)

今岡涼太(いまおかりょうた)
1973年生まれ、射手座、O型。スポーツポータルサイトを運営していたIT会社勤務時代の05年からゴルフ取材を開始。06年6月にGDOへ転職。以来、国内男女、海外ツアーなどを広く取材。アマチュア視点を忘れないよう自身のプレーはほどほどに。目標は最年長エイジシュート。。ツイッター: @rimaoka

特集

最も読まれたトピックス記事ランキング
2018年上半期にGDOニュースにて最も読まれたトピックス記事をランキングしました
世界一の称号を争う「全英オープン2018」7月19日いよいよ開幕

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~