ニュース

米国男子ザ・メモリアルトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 ザ・メモリアルトーナメント
期間:05/29〜06/01 場所:ミュアフィールドビレッジGC(オハイオ州)

キーガン“ママのひと言”でアンカーリング卒業を決意

2014/05/30 12:54

オハイオ州にあるミュアフィールドビレッジGCで開幕した「ザ・メモリアルトーナメント」初日、5バーディノーボギーの「67」でラウンドしたキーガン・ブラッドリーは、首位と4打差の5位タイ発進。だがこの好スタートは、本人の望みとは裏腹に、大いに注目を集める結果となってしまった。

「最高のシナリオは、この週をうまくやり過ごして、もし来週、元のベリー・パターに戻すことがあったとしても、その理由を説明しないで済むっていうことだったんだ」。そう、初めて中長尺パターでメジャー大会(2011年・全米プロ)を制したブラッドリーが、今週はアンカーリングしないパターで、初日27パットを記録したのだ。

<< 下に続く >>

通常のパターに戻すきっかけとなったのは、母親のひと言だったという。「本当にパッティングがひどくて、バイロンネルソン(選手権)の結果(29位タイ)にひどくがっかりしていたんだ」とブラッドリー。そんな彼に母親が切り出した。「ちょっと言いたいことがあるの。多分、気に入らないと思うんだけど…」。「言ってごらんよ」とブラッドリー。

「私はね、短いパターを使った方がいいと思うの」。

気落ちしていたブラッドリーにとっては、新しい挑戦が向上心をかき立てたという。先週は親友である元バスケットボール選手のマイケル・ジョーダンと36ホールのラウンドをして、今週に入りブレンダン・スティールとも大会コースをラウンドした。「感触は良かったんだ。やらない理由はないと思った」。出来れば、誰にも気付かれずに…。

パターのヘッド(オデッセイ・ホワイトホットXGセイバートゥース)もその重さ(400グラム)も、シャフトも、フェース面のインサートもこれまで使っていた中尺モデルと同じもの。だが、シャフトの長さは46.5インチから41インチへと短くなり、グリップにはバランスを取るために40グラムのおもりをつけた。

「良い点はグリーン上でよりタッチを出せるようになったこと」とブラッドリー。「こういうコースやオーガスタ、メジャー大会ではもう少しタッチを出すことが必要だと思っていた。より優しく打てるようになったことはプラスだね」。その一方で、「悪い点は単純だけど、みんなが見ていると意識してしまうこと」と顔をしかめた。

アンカーリングの禁止は16年1月から。一時は禁止反対の先頭に立って声を上げていたブラッドリーだが、その転身は華麗だった。(オハイオ州ダブリン/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

2014年 ザ・メモリアルトーナメント




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!