ニュース

米国男子オメガミッションヒルズワールドカップの最新ゴルフニュースをお届け

ワールドカップの開催国は固定が良い!?

2011/11/28 08:52


「オメガミッションヒルズワールドカップ」が2年ぶりに開催された。2007年から中国の深センで3年間開催されていたが、前回09年大会を終えて今後は2年に1回の開催にすることが決定した。世界中のツアーで戦う選手たちのスケジュールを考慮すれば、毎年開催する必要もないという判断は納得がいく。

大会前日の夜には、敷地内のメインホテル前で盛大なオープニングセレモニーが開かれた。世界各地からゲストを招き、選手関係者を合わせれば1000人近い人が参加する一大イベントとなった。さらに、大会期間中も一般ギャラリーをはるかに上回る数のゲストがホテル内に大挙し、最終日の表彰式は中国のお祭りのような賑わいに圧倒され感動さえ覚えた。

しかし、今回のワールドカップを取材する上で少し違和感を持つ部分もある。国旗の掲揚、国歌の吹奏などのセレモニーはテレビ中継でも流され、ウィナーズジャケットは黄金に輝く人民服が贈られた。主催するミッションヒルズとしては中国らしさを前面的に出しているのだが、過去4大会連続での中国開催ということもあり、毎回華やかさが増していると聞く。次回以降も中国の海南島で開催が決まっているため、その傾向は続くことだろう。

従来のワールドカップは、毎回、開催国を変えて行われてきたため、選手たちもその国ごとの催し物や風習などを楽しむことができた。過去56回の歴史の中で、日本でも3度開催されている。2001年、御殿場での大会に出場したスペイン代表のセルヒオ・ガルシアは、以来日本を気に入り、何度も日本の試合に招待出場するようになった。選手も出場することを楽しみにし、そして開催国となった選手は他国に負けぬよう一層気合いも入るはずだ。世界一を決める大会だからこそ、以前のように毎回会場を変えて行われる方が新鮮さを味わえるのではないだろうか。(中国海南島/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

2011年 オメガミッションヒルズワールドカップ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。