ニュース

米国女子HSBC女子チャンピオンズの最新ゴルフニュースをお届け

2010年 HSBC女子チャンピオンズ
期間:02/25〜02/28 場所:タナ・メラCC(シンガポール)

宮里藍が行うリアクション練習とは?

2010/02/25 19:54


米国女子ツアー第2戦「HSBC女子チャンピオンズ」初日、首位と1打差の3アンダーという好スタートを切った宮里藍に、早くも2週連続優勝の期待は高まる。順位だけを見れば絶好調に思える宮里だが、この日のラウンド中、実は何度か狙いとは違うショットもあった。

例えば、6番のドライバーでのティショットは右のバンカーに掴まってしまい、9番パー5の第2打は、3Wで明らかなダフり(結果的には真っ直ぐ転がって、花道の絶好の位置まで達したが…)。その2つのショットに共通していたのは、直後のリアクション。共に笑顔を見せたのだ。

<< 下に続く >>

その事を宮里に聞くと、「練習していますからね」と得意顔。確かに、ミスショットをしても気持ちをポジティブかニュートラルに保つようにしていると話していたが、そんな“リアクション”まで普段の練習から行っているという。

「さすがに一人の時は笑わないですけど、例えばショットを打って左に行ったとしても、『あ、左に行ったな』くらい。ゴルフは曲がるスポーツなので、広く受け止めるようにしています」。ただ球を打つ技術だけではない。宮里の磨いているものは、とても奥の深いもののようだ。(編集部:今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

今岡涼太(いまおかりょうた) プロフィール

1973年生まれ、射手座、O型。スポーツポータルサイトを運営していたIT会社勤務時代の05年からゴルフ取材を開始。06年6月にGDOへ転職。以来、国内男女、海外ツアーなどを広く取材。アマチュア視点を忘れないよう自身のプレーはほどほどに。目標は最年長エイジシュート。。ツイッター: @rimaoka

関連リンク

2010年 HSBC女子チャンピオンズ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!12月のマンスリーゲストには築山栗子選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!