ニュース

米国女子AIG全英女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2019年 AIG全英女子オープン
期間:08/01〜08/04 場所:ウォーバーンGC(イングランド)

「彼女がみんなを笑顔にしてくれたんだ」海外記者が贈る渋野日向子への感謝

2019/08/06 10:30


◇海外女子メジャー◇AIG全英女子オープン 最終日(4日)◇ウォーバーンGC(イングランド)◇6585yd(パー72)

最終組が18番グリーンに歩き出す。その背中を追うように観客たちは歩みを進めた。スタンド席は埋め尽くされ、ロープや柵の後ろに人が溢れる。

グリーン脇のモニターに渋野日向子の笑顔が映し出されると、拍手と指笛は鳴りやまなかった。

「私初出場だけど?誰に向けてられているか、わからなかったけど、一応手を挙げちゃいました。そしたら声援が来たので、オーって」。渋野は、照れ臭そうに振り返る。

低いトーンのアナウンスが流された。「Hinako Shibuno,from Japan」。グリーンに上がる直前、右手をキャップのつばに当て深く一礼した。割れんばかりの拍手喝采が会場を一体にした。

日本ゴルフ界の歴史を動かすウィニングパットを沈める、ほんの数分前の光景だった――。

“スマイルシンデレラ”。メジャーで海外ツアー初挑戦になった渋野は、いつしか現地でそう呼ばれていた。海外メディアからは「なんでそんなに笑っているの」と質問が飛ぶ。「緊張はしないの」、「いつも楽しそう」、「それだけ余裕があると、ほかの選手へプレッシャーになる」。試合中、特にメジャーの真剣勝負で、こんな選手は極めて珍しかった。

ラウンド中には、駄菓子を頬張った。スルメを噛み、「よっちゃんイカ」を口にした。キャディを務めた青木翔コーチとは「くだらない話ばっかりしていた。だからリラックスできたんです」。笑みを浮かべれば、観客からは「本当に笑っている。スマイルシンデレラね」との声が漏れた。

象徴的なシーンは最終日、首位タイだった緊迫の16番。同組のアシュリー・ブハイ(南アフリカ)がラフから第2打を先に打つ前、フェアウェイにいた渋野の前に海外のテレビクルーがカメラをセットした。すると、手にしていた駄菓子をかじり、自ら寄っていく。カメラ目線で朗らかな笑顔でおどけてみせると、中継したCS放送のアナウンサーは「この状況で、これが出来るんです」と言うほかなかった。

ホールとホールを結ぶ動線では、送られる声援にできる限り目を見て返答した。出身地の岡山県から来た顔なじみの応援団もいたが、区別はしない。「途中から海外の人たちもたくさん応援してくれて、すごい嬉しかった」。ロープ外から手が出ればハイタッチに応じ、特に子供を最優先した。通り過ぎそうになっても、戻って手をあわせた。

「(気持ちが)切れて下を向いていても、子供だったらわかるじゃないですか。ちょうど目線があったりする」。2日目には、組についてきた少女にボールをあげた。3日目の17番(パー3)を終え、18番に向かう途中では7歳のインド出身の男の子にグローブをせがまれ、サインを書き渡した。驚異的な盛り返しで首位に浮上したばかりの場面。「こんなことする選手、見たことない」と子供の両親は心から感謝した。盛り上げ上手な外国人たちが、近くに寄って拍手と口笛であおった。

42年ぶりに誕生した日本人メジャー優勝者の会見では、ある海外の男性記者が質問した。

「君は今週、みんなを笑顔にさせてきた。では、君が見て笑顔になれる人はいるの」

返答に少し悩みながら、渋野は「こっちに来てギャラリーさんと目が合ったとき、私がニコッとすると、ニコッとしてくれる。それが嬉しくて、目を合わせてニコってしていました」と答えた。

会見を終え、その男性記者に質問の理由と意図を聞いてみた。心優しいメジャー王者がどれほど現地で受け入れられていたのか。彼は「おめでとう」と手を握りしめると、快く教えてくれた。

「彼女の笑顔が、みんなを笑顔にしてくれたんだ。だから彼女はこれからも、ずっと笑い続けていないと、ダメだろ?」(イングランド・ウォーバーン/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

林洋平(はやしようへい) プロフィール

1991年、横浜市生まれ、A型。大学卒業後の2015年にGDO入社。チーム内では最年少。トーナメント取材に行くが、自身のプレーは勉強中。当面の目標はドライバーをスライスさせないこと。大のビール党で、出張先の名物で晩酌するのが、ささやかな楽しみ。

関連リンク

2019年 AIG全英女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはS.ランクンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
スペシャル対談 鈴木愛×セールスフォース代表小出伸一
女子プロゴルファー鈴木愛。2度のけがによる離脱をはねのけ、史上3人目の年間7勝。その彼女を支えてきた所属契約を結ぶ「セールスフォース・ドットコム」の小出伸一代表と2人のトップが熱く語った。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。