ニュース

国内女子の最新ゴルフニュースをお届け

笑顔が見られなくなる!?諸見里しのぶ 10勝目へ「真剣」の年

2015/03/07 20:21

ホステスプロの諸見里。ダイキンのイメージ ホステスプロの諸見里。ダイキンのイメージキャラクター「ぴちょんくん」をイメージしてブルーのウエアで臨んだ

「真剣」という言葉を、何度も何度も繰り返した。国内メジャー3勝を含む通算9勝を挙げている諸見里しのぶ。2014年は賞金ランキングを76位に落として、賞金シードを喪失し、年末のファイナルQTで34位に入って今シーズンの出場権を手にした。

毎年、地元沖縄県で開催される国内女子ツアーの開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」は、所属先のダイキン工業の主催。スポンサー契約は8年目となり、この日は「青のウェア?イメージはぴちょんくん」と、同社のイメージキャラクターに合わせた鮮やかなブルーのワントーンで登場した。

大会2日目は、2バーディ1ボギーの「71」で回り、通算2アンダーの13位で予選ラウンドを通過して、ホステスプロとしての大役をきっちりこなした。

昨年はこの大会で予選落ち。その後も決勝ラウンドに進めない試合が続き、不調を極めたシーズンとなった。

だが、今年の開幕戦を戦う諸見里からは、ゴルフに対する覚悟のようなものを感じる。オフには、スイングを軸としたフィジカルトレーニングに加え、コースマネジメントを身につけようとラウンドの回数を増やしたという。

「昨年までは楽しくゴルフができればいいと思っていた。賞金シードを失ってQT出場を経験して、いまようやく調子が良かったころの自分に戻りつつある。だからこそ10勝目に今年は向き合いたい」。そう話す表情から、つかんだ手応えと強い意志が伝わってくる。

「ゴルフの調子、体は良い状態で臨めている。(練習やオフの成果は)試合でできて初めて自信につながると思えるけど、この2日間のラウンドこそが自信になった」

今年1年のテーマに挙げたのは「真剣」にゴルフと向き合うこと。「だからプレー中、笑顔は少なくなってしまうけど、許して下さいね」。大丈夫、ファンはその笑顔を見られるまで待っていますから。長いトンネルかもしれないけれど、出口はもうそこに見えているはず。(沖縄県南城市/糸井順子)

糸井順子(いといじゅんこ)
某自動車メーカーに勤務後、GDOに入社。ニュースグループ内では紅一点の存在だが、荒々しいトーナメント会場へ日々取材に足を運ぶ。趣味は茶道、華道、料理、ヨガ。特技は巻き髪。チャームポイントは片えくぼ。今年のモットーは、『おしとやかに、丁寧に』。

特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには植竹希望プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~