ニュース

国内女子ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

新生上原彩子が地元の期待に初日から好スタート!

2009/03/06 20:19


国内女子ツアー2009年の開幕戦「ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント」が開催されている沖縄県は、ゴルフが盛んなことでも知られるが、今週もプロ3名、アマチュアは4名の沖縄出身選手が大会に出場している。その中でも今大会最多出場なのが、プロ7年目のシーズンを迎える上原彩子だ。

今年からブリヂストンスポーツとゴルフ用品の使用契約を結んだ上原は、ウェアも昨年とは一新。右肩には「モスバーガー」のロゴも加わった。「プロアマ大会などで知り合った関係でスポンサードしていただくことになりました。元々私自身モスバーガーが好きだったので嬉しいです」と笑顔で語る。

<< 下に続く >>

大会初日の上原は、前半を4バーディ、1ボギーの3アンダーで折り返すと、後半は1バーディ、1ボギー。バーディを奪うたびに地元の大声援を浴びた。最終18番は入れれば首位タイに並ぶ5mのバーディパットを外してしまったが、ギャラリースタンドに詰め掛けたギャラリーから大きな拍手をもらってホールアウトした。

上原はオフシーズンの練習を地元の沖縄で不動裕理などと共に行った。昨年12月に韓国で行われる予定だった「日韓女子プロゴルフ対抗戦」出場のために韓国に出向いたが、雪のため大会は中止に。その宿泊地で上原の部屋に選手たちが集まり、ミーティングを行った。そのときに不動と話す機会があり、オフのトレーニングを一緒に沖縄で行わないかと誘ったところ、快い返事をもらい合同合宿が実現したという。

「不動さんは、とにかく切り替えが上手なんです。ミスショットは誰でもあるものだから、そのときのショットが悪かったのかなど悩んでいたら、次のミスにつながってしまうので、その時の芝のせいにしたり、自分のショットは間違っていないと思うそうなんです。そういうところは本当に参考になります」。

これまでの上原は、ひとつひとつのプレーをきっちりこなさなければ納得できないタイプの選手。一言で表すと生真面目な選手だった。しかし不動の考え方を知り、心に余裕をもってプレーすることができれば、さらに強い選手になるに違いない。(編集部:本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!