ニュース

国内女子NEC軽井沢72ゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

日韓を飛び回るイ・ボミ「優勝は焦らずに!」

昨年韓国女子ツアーの賞金女王となったイ・ボミは、今季から日本ツアーに出場しているが、韓国でのスポンサー契約などの関係で、日本と韓国の往復を繰り返している。「正直、移動での疲れはあります。でも、今年は韓国ツアーの試合に80%は出ないといけないので、頑張ります」と話す。

ボミは、昨年女王になったことで、数社とスポンサー契約を結んだ。ウェアに入ったスポンサーロゴの露出など1年間の契約があるため、今週の「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」を終えると、すぐに韓国へ飛び、再来週は日本で1試合出場するが、その翌週には再び韓国に戻る予定になっている。

<< 下に続く >>

日本ツアーのデビュー戦となった、開幕戦の「ダイキンオーキッドレディス」で3位タイに入り、日本ツアーで優勝するのも時間の問題と目されていた。しかし、その後は上位に入るものの優勝争いには絡むことができずに今週で8戦目を迎えた。

「焦ってはいません。今年は本当に移動が大変なので、試合に出ることが一番で優勝はまだだと思っています」。ということで、来年以降のスケジュールが気になるが「来年は日本ツアーに専念というか、できる限り日本の試合に出るつもりです」と目を見開いて嬉しそうに話す。

ドライバーショットの飛距離もトップレベルで、アイアンショットの切れにも定評がある。その反面アプローチなどショートゲームで、まだ日本のコースに慣れていない面も垣間見える。本人は「まだまだ」と話すが、日本のコースに慣れてくれば、すぐにでも優勝する実力を持つ逸材だ。

現在は通訳を帯同しているが「日本語も少しずつ勉強しています」と、こちらも焦らずに少しずつ話せるようになりたいと言う。話す方はまだまだ未熟だが、聞く方ではかなり多くの日本語を理解できるようになってきた。「ギャラリーの声援は嬉しいですね。応援してもらっていることがわかりますので、プレーで応えたい」と、笑顔を絶やさずに移動もツアー出場も繰り返す。(長野県北佐久郡/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 NEC軽井沢72ゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには三宅百佳選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!