ニュース

国内女子ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップの最新ゴルフニュースをお届け

今季国内初メジャーで上位を賑わす海外勢

今季の国内女子メジャー初戦となる「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」は2日目を終えたが、上位につける海外勢の中から2人の選手を紹介したい。

一人目は通算5アンダーで首位と1打差、単独3位につけるテレサ・ルー。台湾出身のルーは、06年から10年までの5年間は米ツアーを主戦場として戦っていたが、昨年は「テスト的に」日米両ツアーに参戦。日本ツアーで13試合をこなし賞金ランクは59位。年末のQTで33位に入り、今季の出場権を獲得した。

<< 下に続く >>

「5年間アメリカでプレーしたけど、日本は人も好きだし、ご飯もおいしい。台湾にも近いので、今年米ツアーに出るのはナビスコとUSオープンだけ」と、今季は日本ツアーに専念する予定だという。

今週は「残り2日間良いプレーが出来れば、勝てなくてもOK」と気楽に構えるが、練習ラウンドを共にした台湾の先輩プロ、ジュリー呂に「テンポが早いのでは?」と指摘されたチッピングを修正し、「先週はショートゲームが凄く悪くて予選落ちしたけど、今週はすごくいい。先輩に感謝しています」と、明るい笑顔を見せる。

もう一人は、昨年の韓国ツアーの賞金女王、イ・ボミだ。この日は朝イチの第1組でスタートしたボミだが、その組には午後のティオフを控えるキャディ達が3人ついてコースの下見を行っていた。「いや、ボミが可愛いから見に来ているだけです」という本気か冗談か判断の難しい言葉がさらっと出るほど、既にツアーでの存在感は増している。

キャディを務める川口氏は、「100ヤード以内が抜群にうまい。今日はほとんど1ピン以内につけていたし、不動さんと同じくらいじゃないかな」と舌を巻く。大会前は「そんなに爆発力はないと思うんだけど、毎日2、3アンダーずつスコアを伸ばして行くようなタイプ。今週なんて彼女に向いていると思いますよ」と話していたが、まさにその通りの展開となっている。

2日目を終えて、首位と3打差の5位タイにつけるボミ。「風も無くてティショットもあまり良くなかったけど、アンダーパーで回れて良かった。ショットが良くてスコアを伸ばしたかったけど、パットが決まらなかった」と、最終ホールでもカラーから3パットをするなど、本人にとっては納得いくラウンドではなかったようだが、残り36ホールも安定したプレーで大会を盛り上げてくれることだろう。(編集部:今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

2010年 ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!