ニュース

国内女子心をひとつに 西陣レディスクラシック ~東北地方太平洋沖地震 復興支援チャリティ~の最新ゴルフニュースをお届け

木戸愛、ブレークスルーへの挑戦

「西陣レディスクラシック」2日目、最終18番ホールで3打目をピン右サイドのラフまで持ってきたものの、アプローチがピンをオーバーして返しのパーパットも入らずボギーフィニッシュ。通算7オーバーで予選落ちとなってしまった木戸愛は複雑な表情を浮かべながら引き上げてきた。

上田桃子と同じ事務所に所属し、シーズンオフにはオーストラリア合宿にも同行。上田と共にスティーブ・マクレイ氏の指導を受けるようになり、ゴルフの手応えは増してきている。

木戸の関係者は言う。「彼女はコーチの言うことを素直に聞いて全部をやろうとするから、進歩のレベルがすごく早い」。当然比較対象は上田ということになるが、すでにかなり上のレベルに達している上田と、伸びしろのある木戸を比べればその差はある程度致し方ないのかも知れない。

クラブハウスでじっとリーダーズボードを眺めていた木戸に、藤島妃呂子が「どうだった?」と話し掛ける。カットラインには届きそうにない。「昨日、一緒に回ったんだけどすごく良いゴルフをしてたんですよ」。藤島は励ますようにそう言い添えた。

「今日は凄く緊張してしまったんです」と木戸。「カットラインは気にならなかったけど、少しでも上に行きたいとか、自信もあったので緊張してしまって・・・」。まだ緊張感が良い方向に行かないんですと悔しそうに唇を噛みしめる。また来週、どんなに焦っても、一歩ずつ進んでいくしか道はないだろう。(編集部:今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

今岡涼太(いまおかりょうた) プロフィール

1973年生まれ、射手座、O型。スポーツポータルサイトを運営していたIT会社勤務時代の05年からゴルフ取材を開始。06年6月にGDOへ転職。以来、国内男女、海外ツアーなどを広く取材。アマチュア視点を忘れないよう自身のプレーはほどほどに。目標は最年長エイジシュート。。ツイッター: @rimaoka

2011年 心をひとつに 西陣レディスクラシック ~東北地方太平洋沖地震 復興支援チャリティ~




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。