ニュース

国内女子スタンレーレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

予想外!? 海外メジャーの副作用

2010/07/16 19:20


海外女子メジャーの中でも、最もハードなセッティングと評される「全米女子オープン」。体験するコースセッティングが難しければ難しいほどコースマネジメントが上達し、日本ツアーに戻ったら易しく感じてしまう・・・とは素人考えのようで、逆に“副作用”が起こるケースもあることを知った。

今週「スタンレーレディス」にディフェンディングチャンピオンとして出場している有村智恵は、先週の「全米女子オープン」に出場。初参戦ながら4日間を戦い抜き、28位タイで終える健闘を見せた。

その有村、2バーディ、3ボギーの1オーバー。首位に6打差と、やや出遅れる滑り出しとなった。最近抱えているショットの悩みとは別に、コースマネジメントに関して次のように明かす。「海外のメジャーはパーをとることが大事なので、バーディを狙うことは無かったんです。日本ツアーでは、バーディを狙わないといけないし、狙うにはピンに絡めないといけない」。

海外メジャーでパーを拾う難しさと、日本のコースでバーディを狙う難しさ。なるほど、どちらが難しいかは、単純に天秤にはかけられないだろう。プレースタイルを、180度変えなければいけない難しさもあるはず。海外メジャーという劇薬は、選手に自信を与える一方で思わぬ副作用をはらんでいるようだ。(編集部:塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

塚田達也(つかだたつや) プロフィール

1977年生まれ。工事現場の監督から紆余曲折を経て現在に至る。35歳を過ぎてダイエットが欠かせなくなった変化を自覚しつつ、出張が重なると誘惑に負ける日々を繰り返している小さいおっさんです。

関連リンク

2010年 スタンレーレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!7月のマンスリーゲストには山戸未夢プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。