ニュース

国内女子ミズノクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

6連覇に黄色信号!アニカ・ソレンスタム

2006/11/03 18:00


米国女子ツアーの公式戦として行われている「ミズノクラシック」(三重県 賢島CC)の初日。大会6連覇を狙う女王アニカ・ソレンスタム(スウェーデン)は1アンダー27位タイと出遅れてしまった。

大山志保ナンシー・スクラントンと9時40分に1番ホールからスタート。1番パー5をバーディ発進すると、4番では8番アイアンできっちり2オンしバーディ。13番パー5でもバーディを奪い順調にスコアを伸ばした。

ところが、14番で2オンできず寄せることもできずボギー。続く15番2打目地点から打ち上げになる405ヤードパー4で、グリーンを30ヤードもショートするミスショットとなった。3打目でうまく寄せたが、下り2メートルのパーパットを外し連続ボギーとなってしまった。

「1アンダーという結果だが、ゴルフの内容はもっと良かった」とこの日のラウンドを振り返るアニカ。6連覇への気負いはなく、ゴルフを楽しみたいと言う。途中13番ホールで前の組でラウンドするヤング・キム(韓国)がトラブルとなり、しばらく待たされることになった。そのときも「キャディバッグに座って休んでいました。特に何かを考えていた訳ではなく、むしろ何も考えないようにしていました」。いつでも冷静さを保つアニカらしいコメントだった。

初日を終えて、首位のレイチェル・ヘザリントン(オーストラリア)とは6打差。残り2日間でどこまで差を縮めるか。そして、逆転し6連覇を達成することができるのだろうか!?大会2日目は8時45分1番ホールスタートのトップ組で、藤井かすみ中田美枝とラウンドすることになった。(編集部・本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

2006年 ミズノクラシック




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには西智子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。