ニュース

国内女子日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

このサインはレアかも知れません!

2007/09/10 10:43

「日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯」最終日、この日ベストの「66」を出して通算3アンダー、プロ3試合目にして初のメジャー大会で、堂々の11位タイに入った服部真夕。今年のプロテストを1位通過した期待の大型新人だ。

「見て欲しいのはドライバーの飛距離」という服部は、今大会期間中に行われたドライビングコンテストでは、「計測ホールと知っていて力が入った」と最終日の9番でチーピンして204ヤードのミスショット。それでも、4日間の平均飛距離は260.9ヤードと、横峯さくら上田桃子らを上回り、予選通過のプロ60人中、7位という好成績を残している。

<< 下に続く >>

これまで一緒にラウンドした先輩プロ達からも、「小技も上手いし、すべてのバランスが良い!」といった高評価が聞こえてくる。今大会の難しいセッティングの中で、4日間73-74-72-66という安定したスコアを出した事が、その力を表しているだろう。

そんな服部は、最終日をホールアウトすると多くのファンにサインを求められた。クラブハウス前に伸びる長蛇の列の一人ひとりに、律義に挨拶をしながらサインしている手元を見ると、「服部真夕」と分かりやすい文字で書かれていた。「まだ、サインが無いんですよ(笑)」。いまどき、こういうプロは珍しい・・。

サインを終えた服部は、「書くの、ちょっと大変でした…」と一言。多くのファンにサインする事を考えると、彼女に新しいサインが出来るのは時間の問題かもしれない。このレアなサインが欲しい方は、お早めにトーナメント会場までお越しください!(編集部:今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

今岡涼太(いまおかりょうた) プロフィール

1973年生まれ、射手座、O型。スポーツポータルサイトを運営していたIT会社勤務時代の05年からゴルフ取材を開始。06年6月にGDOへ転職。以来、国内男女、海外ツアーなどを広く取材。アマチュア視点を忘れないよう自身のプレーはほどほどに。目標は最年長エイジシュート。。ツイッター: @rimaoka

2007年 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!