ニュース

国内女子サロンパスワールドレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

ロシアのマリアはシャラポワだけじゃない!

2007/05/02 00:00

今年の女子W杯ゴルフを制したパラグアイにはゴルフ場が6つしかないという。しかし、今大会がプロデビュー戦となるマリア・ベルチェノワ(21)の母国ロシアには、18ホールのコースが1つと、9ホールのコースが1つ、合わせて2つのコースしかない。

10歳まではバレリーナを目指していたという彼女だが、“たまたま父とコーヒーを飲みに”行ったゴルフ場でゴルフと出会い、やってみたいと思ったという。場所は夏のバカンスで訪れていたチェコ。現在でも、夏はチェコ、冬はアメリカを練習拠点にしているそうだ。

<< 下に続く >>

「最初のコーチは父」。そして、アマチュア時代は母がキャディをしていたという。7つ下の妹・アンナ(14)もゴルフをしている。「私達が稼いだお金は全部ゴルフに費やしているわ」、ロープの外から娘を見守る母・ガリーナさんは言う。「それにこのカート、凄く賢いわね。初めて見たわ」。カート道を自動で走る電動カートを見て笑った。

昨年はロシア・アマとオーストリア・アマのタイトルを獲得し、QTで14位に入った今年はLET(女子ヨーロッパツアー)に挑戦するベルチェノワ。2週間後のドイツ銀行スイスオープンがヨーロッパでのデビュー戦となる。

その前に、日本でプロデビューを飾る訳だが、大会の目標について聞かれると、「なんとも言えない。午前中は静かだろうけど、午後は風の影響も出てくるだろうし・・。まずプレーしてみないと分からないわ」とはぐらかした。

目標とする選手はアニカ・ソレンスタム。でも、本当は男子の試合をよく見ると言うベルチェノワ。男子で好きな選手は?との問いに、「アダム・スコット」とちょっと照れくさそうに答えた。

おすすめ記事通知を受け取る

今岡涼太(いまおかりょうた) プロフィール

1973年生まれ、射手座、O型。スポーツポータルサイトを運営していたIT会社勤務時代の05年からゴルフ取材を開始。06年6月にGDOへ転職。以来、国内男女、海外ツアーなどを広く取材。アマチュア視点を忘れないよう自身のプレーはほどほどに。目標は最年長エイジシュート。。ツイッター: @rimaoka

関連リンク

2007年 サロンパスワールドレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには吉川桃選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!