ニュース

国内女子We Love KOBEサントリーレディスオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

チャンナ「感激」の初優勝!日本に溶け込む日も近い!

2007/06/10 00:00

「ありがとうございます。おおきに!」チャンナが話せる日本語は、ほとんどない。だが、関西圏で受ける挨拶だけは、しっかりと覚えていた。

2007年のサントリーレディスで、初日から一度も単独首位を譲らない完全優勝で日本ツアー初Vを飾ったチャンナ。「普通の中国人が日本に来るのは、手続きがすごく面倒」との事で、家族は会場に姿を見せなかったが、不動裕理諸見里しのぶと回った最終組についたギャラリーのチャンナに対する声援には熱いものがあった。

<< 下に続く >>

「実は、先週のリゾートトラストが終わってから、中国では今週勝つ!って優勝宣言をしていたんです」と、打ち明けた。チャンナにとって関西は縁起の良い場所。QTでも成績が良かったし、スポンサーのイオンスポーツが兵庫県三木市に本社を置いている関係で、自身の拠点も三木市だ。神戸市北区にある六甲国際GCまで今週はそこから通っている。地元と呼べる地で、勝ちたい気持ちは強かった。

確かに、不動や諸見里がバーディを獲った時よりは、喜ぶギャラリーの絶対数は少ない。しかし、イオンスポーツの関係者だけでも30名以上が最終組について回った。そんな彼らが、チャンナの1打1打に「ナイスショット!」と声を上げる。その声援は、初優勝へのプレッシャーを和らげたに違いない。

前日、チャンナの印象を聞かれた不動は、「かわいい」と答えている。確かに笑顔はかわいいし、ギャラリーにもきちんと頭を下げられる。本人も、「清潔だし、人も親切、空気も綺麗」と日本の事を気に入っているようで、当初はアメリカツアー進出も考えていたが、今は日本に定住したいという気持ちの方が強くなっているという。

昔から海外に対して門戸を開いてきた神戸という街の特色なのか、外国人を受け入れ、包み込むような温かさが感じられる。今大会の正式名称は「We Love KOBE サントリーレディスオープン2007」。チャンナも、そんな“We”の1人である事は間違いない。

おすすめ記事通知を受け取る

今岡涼太(いまおかりょうた) プロフィール

1973年生まれ、射手座、O型。スポーツポータルサイトを運営していたIT会社勤務時代の05年からゴルフ取材を開始。06年6月にGDOへ転職。以来、国内男女、海外ツアーなどを広く取材。アマチュア視点を忘れないよう自身のプレーはほどほどに。目標は最年長エイジシュート。。ツイッター: @rimaoka

2007年 We Love KOBEサントリーレディスオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには三宅百佳選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!