ニュース

国内女子ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

地元で初の最終組の1つ前でプレーした新崎弥生「予選通ってホッとしています」

2008/03/08 18:06


国内女子開幕戦の「ダイキンオーキッドレディス」は、開催地の沖縄ではビッグイベントだ。初日の結果が沖縄新報という新聞で1面に取り上げられているのだが、大きく掲載された選手の写真は、9アンダーの記録を出した古閑美保ではなかった。

スイングした表情で一面を飾ったのは、4アンダー3位タイに入った沖縄県出身の新崎弥生。沖縄県勢で最上位に入ったので、取り上げられるのは当然だが、一面に出たことは本人もびっくり。そのプレッシャーではないと思うが、2日目はスコアを崩し通算イーブンパーの39位タイまで後退してしまった。

新崎は2002年にプロテストに合格した。05年にステップアップツアーの「GDOレディースカップ」に優勝したが、レギュラーツアーでは優勝はもちろん、シード権もつかめていなかった。それでも年々賞金ランキングは上がり、昨年のクオリファイでは24位。今季はほとんどの試合に出場できることになった。

このオフシーズンは、今季に向けての体力づくりとコース攻略、メンタル面も含め、師匠の鈴木規夫氏がいる大分でトレーニングを積んだ。「先生からはいろいろなことを教わっています。特に今年1年戦う上での精神的な面など分からないことだらけだったので、本当にありがたく思っています」。

その成果がいきなり発揮されたのか、スコアは崩しながらも予選は通過した。「この大会は地元なので推薦をいただいたりして、5回目の出場なのですが、実は今回が初の予選通過なのです。初日の好スコアや、今日の内容よりもまず予選を通過できたことが嬉しいです」。開幕初戦で決勝ラウンドまで進んだ新崎。長いシーズンを戦い抜き、初めてのシード権獲得を狙う。(編集部:本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。