ニュース

国内女子ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップの最新ゴルフニュースをお届け

世の中はベテランブーム!?

2008/05/10 19:03

今季メジャー初戦となる「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」の3日目を終えて、通算3オーバーの8位タイにつけている服部道子(39=三共生興)。今年は、先々週のフジサンケイレディスで5位に入るなど、徐々に調子を上げてきている。

ツアー優勝は05年のスタジオアリス以来遠ざかっているものの、これまで通算18勝。アマチュア時代は、84年に高校1年で日本女子アマのタイトルを史上最年少(当時)で獲得し、85年には日本人として初めて全米女子アマをこれまた史上最年少(当時)で制するなど、華々しい記録を残している。メジャー制覇も3回を誇る服部は、明日の最終日を前に、「ベストフィニッシュしたいなぁ」と、ひそかに上位進出を狙っている。

日本のテニス界では37歳の伊達公子の復活が話題となっているが、米国LPGAに目を向けると、先週は47歳のジュリー・インクスターがプレーオフまで進出し優勝争いを繰り広げた。「テニスなんてゴルフより肉体的にはしんどいのにすごい。同世代だし、私も頑張りたいと思います」と、ベテラン勢の活躍は良い刺激となっているようだ。

周りの選手からは、「凄いところからパーを獲る」という印象が強い服部。今大会でキャディを務める佐藤さんも「アプローチの感性は凄いです」と舌を巻く。だが本人は、「その分、ショットが曲がっているんですよ」と謙遜した。

長く第一線で活躍する秘訣を聞くと、「日々健康。良く食べて、良く寝て、良く笑って。毎日を大切にすることですかね」と教えてくれた。若手が台頭する女子ツアーだが、こういったベテラン勢の活躍は、ツアーをさらに活性化してくれる。今季はツアー20勝の大台を目標にしているという服部だが、「目標は高くしないと老け込んじゃうからね」と、笑いに変えた。(編集部:今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

今岡涼太(いまおかりょうた) プロフィール

1973年生まれ、射手座、O型。スポーツポータルサイトを運営していたIT会社勤務時代の05年からゴルフ取材を開始。06年6月にGDOへ転職。以来、国内男女、海外ツアーなどを広く取材。アマチュア視点を忘れないよう自身のプレーはほどほどに。目標は最年長エイジシュート。。ツイッター: @rimaoka

2008年 ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。