ニュース

国内女子明治チョコレートカップの最新ゴルフニュースをお届け

大逆転優勝まであと一歩!7連続バーディを奪った有村智恵

2008/07/13 18:15

大会2日目の17番パー3、4パットでダブルボギーとした有村智恵は、「パットも入らなくなってるし、どんどん悪い方に進んでいる気がしてました」と、初優勝の喜びから一転、思い通りにいかないパッティングに苦しんでいた。

前日のホールアウト後は、いつもやっている十字の4ヶ所から2mを3球ずつ、計12球続けて入れるパッティング練習を遅くまで続けたが、練習グリーンですら入らない。18時も過ぎて、「明日も早いので、妥協して帰りました」と、途中で見切りをつけたという。

すると、大会最終日はパッティングが一変。6番でチップインイーグルを奪った後は、3m、3m、4m、4m、1m、2mと立て続けにパットを沈めて、ツアー記録に並ぶ7連続でのバーディ奪取。18ホールのツアー最小ストローク記録には1打及ばなかったが、一時は単独首位に躍り出る快進撃で、前日の24位タイから2位タイへ急浮上を果たした。

「なんか、吹っ切れましたね」とホールアウト後の有村。「色々、考え過ぎていたのだと思います」と、悩めるパットを考えないことで克服した。調子の悪い時は練習しない方が良いという話は、まんざら間違ってもいないようだ。

ベストスコア賞の30万円を獲得した有村だが、その興奮は冷めやらない。クラブハウスで大会主催者の明治製菓幹部を見つけると、「優勝は10年分貰えるんだから、私にも少し貰えないですかね~」と、お菓子ゲットの直接交渉。「分かりました。ベストスコア賞として1年分送りましょう!」と、確約を貰って、にんまりと笑顔を見せた。この粘り強さに、有村の強さの一端を見た気がした。(編集部:今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

今岡涼太(いまおかりょうた) プロフィール

1973年生まれ、射手座、O型。スポーツポータルサイトを運営していたIT会社勤務時代の05年からゴルフ取材を開始。06年6月にGDOへ転職。以来、国内男女、海外ツアーなどを広く取材。アマチュア視点を忘れないよう自身のプレーはほどほどに。目標は最年長エイジシュート。。ツイッター: @rimaoka

2008年 明治チョコレートカップ




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。