ニュース

国内女子の最新ゴルフニュースをお届け

魔の15番!?福嶋晃子はトリプルで大きく後退

2008/07/26 18:31


国内女子ツアー「カゴメフィランソロピーLPGAプレイヤーズチャンピオンシップ」。3日目のラウンドは朝から曇り空となり、気温は26.7度と穏やかな1日となった。上位選手のスコアも大きな変化はなく、全美貞が7アンダーで単独首位をキープしている。

前半9ホールの方がスコアを伸ばしやすく、後半に苦戦する選手が続出している。中でも15番パー4は難易度が高く、この日の平均ストロークは「4.51」。2人に1人以上がボギーを叩いている計算になる。最終組でラウンドする福嶋晃子も15番でハマってしまった。

ティショットをフェアウェイ右サイドのバンカーに入れると、2打目は脱出することしかできず、3打目はグリーン左サイドのバンカーへ。4打目でグリーンに乗せたが、そこから3パットのトリプルボギーを叩き3アンダーまで後退してしまった。

この日15番でスコア崩したのは単独首位の全美貞茂木宏美馬場ゆかり辛ヒョンジュ若林舞衣子など上位選手。さらに横峯さくら諸見里しのぶ大山志保など。3アンダーまで伸ばしてきた若林は、この15番が唯一のボギーとなった。

明日の最終日、優勝争いを展開する選手たちにとっては、この15番がキーポイントになるかもしれない。(編集部:本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る



特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。