ニュース

国内女子NEC軽井沢72ゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

プロテスト合格の森桜子、念願叶ってキャディデビュー

2008/08/15 18:44

「選手って輝いて見えますね!」初キャディの感想を楽しそうに振り返った森桜子。一度キャディをしてみたかったという森は、今年の「廣済堂レディス」で東北高校の先輩・原江里菜のキャディをやる予定だったが、プロテスト前ということで母親に反対され、あえなく断念。悔し涙を流したという。

だが今週の「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」で、同じく東北高校の先輩・有村智恵のキャディの都合がつかなくなり、突然そのチャンスが巡ってきた。「やりたいと思っていれば、いつか叶うんですね!」という森。今年のプロテストに合格した森にしてみれば、プロの試合でキャディをやるチャンスは、ほとんど残されていなかったが、今年の日本女子アマを残り3ホールで逆転して制したように、土壇場で無類の勝負強さを発揮した。

「私がキャディをすれば、少なくとも上位にいけるし、優勝も出来るような気がしていた」という森だが、その言葉はまんざら口だけでもないようだ。有村は、「めっちゃ、いいですよ。ゴルフをやらせておくのがもったいないくらい」と森キャディを絶賛。「プレーヤーとしてやって欲しいことをやっている」という森の、選手心理に立った気遣いが利いているようだ。

もちろん、プロのプレーを間近で見て学ぶことも多い。「有村先輩は、基本的にはピンを狙う攻めのゴルフ。私は安全に攻めようとするタイプだけど、もっとピンを狙ってもいいのかな」と、まもなくデビューするレギュラーツアーでの戦いも視野に入れている。「プロテストのようなゴルフをしていては、絶対ここで通用しないので…」と今は課題を抱えている森だが、この試合で何らかのきっかけを掴めるかも知れない。(編集部:今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

今岡涼太(いまおかりょうた) プロフィール

1973年生まれ、射手座、O型。スポーツポータルサイトを運営していたIT会社勤務時代の05年からゴルフ取材を開始。06年6月にGDOへ転職。以来、国内男女、海外ツアーなどを広く取材。アマチュア視点を忘れないよう自身のプレーはほどほどに。目標は最年長エイジシュート。。ツイッター: @rimaoka

2008年 NEC軽井沢72ゴルフトーナメント




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。