ニュース

国内男子マイナビABCチャンピオンシップゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

キム・キョンテ、リードを守れず無念の敗退

2010年大会以来の大会制覇へ「マイナビABCチャンピオンシップ」の最終日を2位と1打差の単独首位で迎えたキム・キョンテ(韓国)が、逆転負けを喫してしまった。

2番でバーディを先行し、6番パー5もバーディ。この時点で前日にキョンテ自身が想定した優勝スコア、15アンダーに達していた。しかし、最終日に9バーディ、ノーボギーの「63」でラウンドしたハン・リー(米国)が通算17アンダーで先にホールアウトし、終盤は2打差を追いかける展開に。

<< 下に続く >>

最終18番、イーグルを奪えばプレーオフ進出という状況で「力が入ってしまった」と、ティショットを左サイドのバンカーに入れてしまう。続く2打目、「あと2m後ろだったら・・・」と後悔するショットは、バンカーのアゴに当たり脱出できなかった。

3打目はさらにアゴに近い状況のため、チップインイーグルへの挑戦を諦めてパーセーブの通算15アンダー3位タイに終わった。2010年、最強だった男が逆転負けを味わい、はらわたが煮えくりかえる思いをしているかと思ったが、クラブハウスに戻ると心境を淡々と説明し始めた。

「今日は短いパットが、グリーンが速いイメージがあるので・・・。まさか(リーが)63で回ってくるとは思わなかった。チャンスはいっぱいあったけど、しょうがない」と振り返る。悔しい思いをかみしめて質問に答えるキョンテからは、メディアに対する誠意、ファンを大事に思う気持ちがにじみ出ていた。

賞金王を獲得したころは、今ほど日本語が堪能ではなかったこともあり、多くの質問に「大丈夫です」と応えていた。そのころは何事にも動じない強い心が「大丈夫」という回答になっているのかと思っていたが、今考えると細かく心境を語ることが出来なかっただけ。その強さから「鬼」という形容詞を用いたこともあったが、キョンテは鬼どころか、周囲に気をつかう優しい紳士だと改めて感じた。

米国のクオリファイ挑戦のため今大会で一端、日本ツアーから離れるが、2010年「日本オープンゴルフ選手権競技」優勝で掴んだ5年シードを持っているため、仮に米ツアー進出が確定しても年に数試合は日本の試合にも出たいと話す。戦いを終えてコースを出る際に「行ってきます」と笑顔を見せるキョンテの活躍を日本ツアー出身選手の1人として見届けたい。(兵庫県加東市/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 マイナビABCチャンピオンシップゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!