ニュース

国内男子TOSHIN GOLF TOURNAMENT IN 涼仙の最新ゴルフニュースをお届け

キム・キョンテ、2週連続V見えた!

雷雲接近のために中止となった「TOSHIN GOLF TOURNAMENT IN 涼仙」の大会3日目。通算13アンダー、首位と2打差の2位タイにつけるキム・キョンテ(韓国)は、コースでマッサージを受けてから宿泊先のホテルに戻った。

この日ラウンドできなかったことに対しキョンテは「このコースは4日間、毎日好スコアを出さないと勝てない。1日は良くないことも考えられるが、今日プレーしなかったことで、明日に集中してプレーすることが出来る」と前向きに捉える。そして優勝スコアを「20アンダーまで行けば勝てると思います」と、最終日に7ストローク伸ばすことできたら優勝は間違いないと言う。先週からゴルフのリズムが良く、調子も良い。「残り1日なので7アンダーも集中できれば難しい話ではないし、優勝したい」と続ける。

いつも以上に優勝にこだわる今のキョンテには、少しでも賞金を積み重ねたい理由がある。それは、来季の米ツアー出場資格つかむクオリファイに進む条件が変わってくるからだ。

まずは2週間後の「アジアパシフィック パナソニックオープン」を終えた時点で、賞金ランキング10位以内に入っていることが最低条件となる。ちなみに現時点では7位。そして10位以内でもクオリファイ受験希望者上位4人までに入れば、その翌週に開催されるセカンドクオリファイが免除され、11月終盤から始まるファイナルからの出場になるからだ。

「先々週のKBCも好きな試合で出たかったけど、先週からの4試合で上位に入ることが、今年最大の目標である米ツアー出場に最も近づくから。ファイナルだけになれば、ダンロップフェニックスまで日本の試合に出ることができるので、今が一番頑張る時なのです」と力説。最終日にイメージ通り7アンダーをマークし、キョンテの描くシナリオ通りとなるのだろうか。(三重県いなべ市/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 TOSHIN GOLF TOURNAMENT IN 涼仙




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。