ニュース

欧州男子ターキッシュエアラインズオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2019年 ターキッシュエアラインズオープン
期間:11/07〜11/10 ザ・モンゴメリー マックスロイヤル(トルコ)

5年先も10年先も…谷原秀人は理想のスイングを求め続ける

2019/11/10 09:28


◇欧州男子◇ターキッシュエアラインズオープン 3日目(9日)◇ザ・モンゴメリー マックスロイヤル(トルコ)◇7133yd(パー72)

「自信を持って打てていない」。谷原秀人は額に汗を光らせながら、ホールアウト後に言葉を絞り出した。上位陣が軒並みビッグスコアを並べた3日目に4バーディ、4ボギーの「72」とスコアを伸ばせず、通算1アンダー62位でホールアウトした。疲れた体にムチを打ち、試合後も40分間、70球ほど練習場で球を打って調整した。

スイングスピードを上げるため、取り組んできたスイング改造にわずかな手応えを得ながらも、自身のイメージと体の動きが一致しない違和感は残る。今週に入って距離感が合わず、苦しむ展開が続いている。

序盤の10番、11番(パー)はいずれも1ピン以内に絡めたが、欧州特有の芝に阻まれパーにとどまった。「狙っているけど、成功も失敗もある。そこに気持ち悪さがある」。1㎜、1ydのズレさえも、意図していない結果であれば「たまたまピンに絡んだり、10mが入ったりしても、調子がいいとは言えない。ゴルフとしてあまり気持ちの良いものではないんだ」

次週16日、41歳の誕生日を迎える。これまで作り上げてきたスイングを、シーズン中に一度壊して立て直すことへの恐怖心は想像に難くない。

このまま変化を求めず、現状を継続する選択肢はもちろんある。「やらないと前に進めないからやる。もしかしたら失敗かもしれない。一時の結果にこだわるのではなく、目指すものがあるからやっているだけ」。日々、自問自答は続く。「新たに作り始めたものがちょっとずつ進んでいるのはうれしいし、やり続けて見えてくるヒントもある」。時に形になりつつある兆しに、小さな喜びを感じることもある。

欧州ツアーでの戦いは今週で、いったん幕を閉じる。それでも「5年先も10年先も、求めるスイングができるようになるまでは、一生続けるんだと思う」。再びここに戻ってくるために。(トルコ・アンタルヤ/糸井順子)

おすすめ記事通知を受け取る

糸井順子(いといじゅんこ) プロフィール

某自動車メーカーに勤務後、GDOに入社。ニュースグループで約7年間、全国を飛びまわったのち、現在は社内で月金OLを謳歌中。趣味は茶道、華道、料理、ヨガ。特技は巻き髪。チャームポイントは片えくぼ。今年のモットーは、『おしとやかに、丁寧に』。

関連リンク

2019年 ターキッシュエアラインズオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
プレジデンツカップ中継をGDOで連日無料放送 GOLFTV
GDOでは初日から最終日の4日間、試合開始から午前11時(日本時間)まで、GOLFTVによるライブ中継を無料で配信します。2年に1度の熱戦をお見逃しなく!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。